高校保健課からお知らせ

高校保健課より、1学期の諸活動等についてご報告いたします。

1、講演会・講習会の実施等

① 2年次保健講話(5/24実施)

酒田市民センター助産師の後藤敬子先生を招き、「性の健康について~高校生へのメッセージ」

と題して、ご講演いただきました。先生はお仕事の傍ら、20年ほど前から、小中高生を対象に

「思春期教室」という形で講演活動を行ってこられた方です。

当日のアンケートでは「相手を思いやるようにしたい」「親に感謝したい」「自分の命を大事に

したい」などの声が多く聞かれました。

 

 

 

 

 

 

② 3年次保健講話(6/14実施)

コーチング・メンタルヘルスの研修、講演活動を行っている、「Present time」の

代表 塩野貴美先生に、「自分に負けない自分を作る」と題してご講演いただきました。3年次生

にとって6月は部活を引退し、受験へと生活を切り替えていく時期です。今後生徒が直面する様々

な悩みや「壁」をどう乗り切るかについてのお話でした。

当日は、実際に先生がいかに自分の「壁」を乗り越えたかに質問が及ぶなど、生徒は熱心に話に

聞き入っていました。またアンケートでは、自分の悩みや「壁」にポジティブに向かっていこうと

する生徒の感想・意見が多く見られました。

 

 

 

 

 

 

③ 救急法等講習(7/3 各部活動の代表を対象に実施)

赤十字より、指導員として加藤道子先生、細谷由美子先生を招き、救急法について講習を実施し

ました。生徒たちは人形を使って、額から汗を流しながら真剣に、心肺蘇生法やAEDの使い方に

ついて実際に学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2、諸連絡

① 健康診断の結果による受診の勧め

今回、成績通知表と一緒に「健康診断結果通知」を同封しました。また、受診が必要な生徒さん

については、事前に「受診の勧め」を配布しております。時間に余裕のある夏季休業中にぜひ受診

していただき、報告書の提出をお願いします。

② 熱中症について

今年は例年にない猛暑であり、各地で熱中症による被害が相次いでいます。先般、成績表に熱中

症の予防に関するプリントを同封させていただきました。大事には至らないものの、本校でも熱中

症で体調が悪化し、通院を勧めた例が複数ありました。内容を良くご理解いただき、予防に努めて

ください。