“届けよう、服のチカラ”プロジェクト始動

東桜学館中学校高等学校生徒会として、ユニクロの「”届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に参加し、難民の子どもたちに服を届ける活動に取り組みます。

全体2

 

 

 

 

 

 

 

6月22日(水)「出張授業」を実施し、ユニクロ社員の方からこのプロジェクトについてのお話を伺いました。

授業を受けたのは、中学校自治会12名と高校生徒会45名です。「服がもつチカラ」「世界で服を必要としている人々」について学び、今後の活動について考えました。これからどのように活動していくか、中高で協力しながら進めていきます。

世界挙手

 

 

 

 

 

◇授業の感想:私は今まで”届けよう、服のチカラ”プロジェクトというボランティア活動を知りませんでした。今、世界中には服を必要としている人がいて、それは難民の子どもたちだということを知りました。そして、私もこの活動に協力したいと思いました。避難生活をおくる人に笑顔になってもらいたいです。このプロジェクトの話を聞いて、1着の服で人を笑顔にできる力があり、とても大切なものだということがわかりました。だから、自分も服を大切にしていきたいと思いました。(中学1年)

◇授業の感想:今日の講演を聞いて思ったことが2つあります。一つ目は企業として「どんな服が必要か考え、材料を探し、服をつくり、売るところまで考えて取り組んでいることに驚きました。二つ目は、このプロジェクトの規模の大きさです。難民の50%は子どもという現実と衣食住がそろわないということを自分たちで理解したいと思いました。どうしたら多く集めることができるのかを考え呼びかけるなど行動に移すことが大切だと思いました。私は、このプロジェクトを初めて知りました。お店に行ったとき、回収の箱に気づいても詳しく知ろうとしなかったことに後悔しました。今回の講演での話を受けて家にある服など探してみます。少しでも力になれるよう取り組みたいと思いました。(高校3年)

生徒発言