探究基礎講座(1年次)が行われました

9月7日、13日 本校大講義室、北アリーナにおいて「探究基礎講座」が行われました。今回は、東北芸術工科大学デザイン工学部プロダクトデザイン学科 柚木泰彦教授を講師にお迎えし、「調べ方を学ぶ」というテーマで2日間、体験的な講演をして頂きました。

9月7日

初めに「探究型学習」と「デザイン思考」の関連、「デザイン思考」の意義について講義を受けました。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%80%9d%e8%80%83%e2%91%a0

 

 

 

 

 

 

 

自分自身の悩みごとなど、身近な題材を基にして対話の練習をしました。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%80%9d%e8%80%83%e2%91%a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グループに分かれて「将来をたくましく生きる力を身につけるための活動のデザイン」というテーマでブレーンストーミングを行い、グループごとに課題を設定しました。一日目はここで終了です。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%80%9d%e8%80%83%e2%91%a2

 

 

 

 

 

 

 

9月13日

前回の話し合いの内容から、問題に対する具体的な解決策を発表できるように提案書を作成しました。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%80%9d%e8%80%83%e2%91%a3

 

 

 

 

 

 

 

グループで協働して問題解決の提案書を検討しました。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%80%9d%e8%80%83%e2%91%a4

 

 

 

 

 

 

 

大講義室に移動し、クラスの代表が全体発表しました。

%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e6%80%9d%e8%80%83%e2%91%a5

 

 

 

 

 

 

 

最後に、生徒代表から「この経験をこれから始まる探究活動に活かしていきたい」と抱負が述べられ2回にわたる講座が締めくくられました。

生徒の感想から抜粋

○「Yes and~」の精神で、人の意見を否定せず発展させていくことが大切だということがペアのインタビューを通して感じました。

○グループでのブレーンストーミングでは、複数で考えるからこその考えの広がりが、自分の理解と新しい発想の鍵になると思いました。

○デザインの基本は相手の立場になり、問題を見つけ、解決のため努力をする点にあると思います。これからの生活の中で、「相手の気持ちになる」という力をつけていきたいです。