≪中・高図書委員会≫クリスマス読書会をしました。

クリスマス読書会

12月16日(金)、クリスマス読書会を、

本校学習メディアセンターで開催しました。

中学生と高校生合同での初の読書会。

高校生図書委員を中心に企画運営し、

中学生図書委員も率先してお手伝いしてくれました。

 

 

≪まずは、企画会議の様子から≫

 

imgp0056

 

 

 

 

 

 

何故か、初代広報委員長(高校)の司会進行で、企画案のレクチャーです。

 

 

 

imgp0059

 

 

 

 

 

 

 

M保後期図書委員長(高校)が、皆から出された意見を網羅して、

中学生から高校3年次生まで一緒に楽しめる企画にまとめてくれました。

 

 

 

 

imgp0069

imgp0070

 

I月後期図書副委員長(高校)が、企画会議の決定事項と、

中学生図書委員の役割分担を説明しています。

真剣に資料を見ながら、自分たちの役割を確認する中学生に感心です。

I月副委員長は、堂々とレクチャーしているように見えて、

実は、内心“ドキドキ”だったんです。任務お疲れ様。

 

 

≪読書会当日≫

テーマは、「クリスマス」。

1.展示してあるクリスマスの本を各テーブルごと1冊ずつ選ぶ。

2.選んだ本の一部分(5分から10分程度)を読んで、自分達のオリジナルストーリーを作る。

Ex. ・題材の文頭と文末に、自分達のストーリーを組み込む。

・・・題材のストーリーを参考にしながら、登場人物を身近な人に変えてみる。

・・・などなど・・・自分達の物語を広げていきましょう。

3.発表会

4.優秀作品を選ぶ

 

 

 

 

imgp0078imgp0079

 

「こんなにたくさん来てくれると思わなかった~❤」と感激しながら、

今日の流れを説明するM保委員長。

 

 

 

 

imgp0083

 

 

 

 

 

 

中学生から順に題材となる本を選ぶはずが・・・。

高校生のおねえさんたちが先に取ってしまいました。

中学生、ちょっとした“弱肉強食”を知る。

 

 

 

 

 

imgp0090

 

 

 

 

 

 

中学生のかわいいツーショット。

お向かいに座っていた高校3年次生のおにいさんは、恐くなかったかな?

 

 

 

 

imgp0091

 

 

 

 

 

 

高校1年次生のO先輩が中学生に何やら語っています。

こちらのツーショットも微笑ましいですね。

 

 

 

imgp0098imgp0095

読み聞かせスタイルも楽しそうです。

 

 

 

imgp0101

 

 

 

 

 

 

つい、つい、お菓子に手が伸びる。

 

 

 

 

imgp0105

 

 

 

 

 

 

いつも笑いを提供してくれる乱入者・闖(珍?)入者のM部君。

そんなM部君をいつも静かに見守っているS太君、参加ありがとうございます。

M部君のこぶしのきいた演歌の歌声披露あり、

いろんな意味で、自由なクリスマス読書会でした。

 

 

 

 

 

☆◊☆◊☆ My Favorite Book!! ☆◊☆◊☆

             ★♦★わたしのおすすめキラッ★♦★ 

 

 

クリスマス特集より

imgp0076

 

 

 

 

 

 

『みならい天使のさんたろう』 いもあらいざかかかりちょう/著 扶桑社

『ビロードのうさぎ』 マージェリィ・W・ビアンコ/原作 ブロンズ新社

『ファーザー・クリスマス』 J.R.R.トールキン/作 評論社

『サンタクロースとクリスマス旅行』 ホフマン/作 岩波少年文庫

『クルミわりとネズミの王さま』 アネッテ・ランゲン/話 ブロンズ新社

『ミステリアス・クリスマス』 ロバート・スウインデルズ/他著 パロル社

『天使の靴』 ドナ・ヴァンリアー/著 ポプラ社

『赤い手袋の奇跡』 カレン・キングズベリー/著 集英社

『シャーロック・ホームズ クリスマスの依頼人』 レジナルド・ヒル/他著 原書房

『クリスマスにさようなら』 浅暮三文/著 徳間書店

『いじわるな天使から聞いた不思議な話』 穂村弘/文 大和書店

 

 

 

 

 

 

 

%e6%8a%95%e7%a8%bf%ef%bd%82%ef%bd%8f%ef%bd%98

 

 

 

 

 

 

「ブログ投稿BOX」を学習メディアセンターのカウンターに設置しています。

上記の要領でお薦めの本をドンドン紹介してくださいね。

詳細は、最寄りの図書委員か学校司書にお尋ねください。