カテゴリー: お知らせ

県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会【展示の部】最優秀賞受賞

10月26日(水)県立北村山高等学校を会場に、第63回山形県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会が開催されました。今回は家庭基礎を学習している1年次生の代表として、【ホームプロジェクト 展示の部】に三浦美咲さんの「ばあちゃんの昔の知恵は本当なのか~未来へ伝承する~」を出品し、見事最優秀賞を受賞しました。この大会は、家庭クラブ員が家庭生活や地域の家庭生活の向上についての研究成果を発表し合い、研修を深めることを目的とした大会です。

%e7%be%8e%e5%92%b2%e8%a1%a8%e5%bd%b0

 

 

 

 

 

 

 

 

<研究要旨>

失われつつある「昔の掃除法」を未来へ伝えたいと思い調べました。これを実際に知っている祖母に話しを聞き、家の中で汚れが気になるところで実践しました。

 

最北地区高等学校弓道秋季大会へ参加

県立東桜学館弓道部の活動

10月22日(土)村山市武道館弓道場において、最北地区高等学校弓道秋季大会が行われました。本来は高校生のみの大会ですが、最北地区弓道連盟のご好意で、特別に中学生も参加させていただきました。

弓道部の中学生にとって、弓道部に入部してから初めての大会となります。緊張した中での競技でしたが、約半数の部員が、的に当てることができました。次の目標となる大会は、11月に行われる東根市弓道大会です。練習できる時間は限られていますが、集中して練習していきたいと思っています。

img_7028 img_7024 img_7000 img_6999

未来創造プロジェクト 新聞で紹介される

本校の総合的な学習の時間である「未来創造プロジェクト」が、10月24日(月)の朝日新聞で紹介されました。

「自由な発想」を育む授業(H28.10.24(月)朝日新聞より転載).pdf

高校1年次2学期中間考査成績通知票を発送しました

高等学校1年次の保護者の皆さま

先日、2学期中間考査の成績通知票を郵送いたしました。

年次だよりも同封しています。

是非ご覧ください。

「郷土Yamagataふるさと探究コンテスト」 最終選考会へ出場決定

山形県 郷土愛を育む活動推進事業「郷土yamagataふるさと探究コンテスト」へ応募した結果、テーマ「山形最先端のクモの技術を考え、利用方法を考えよう(仮)」に取り組んでいるチームが選ばれ、最終選考会へ進出することが決定しました。

11月19日(土)、遊学館において最終選考会が行われ、3チーム(本校1チームを含む)によるプレゼンテーションが行われます。

%e4%ba%a4%e6%b5%81%e4%bc%9a%e2%91%a1

デザセンJr.2016 決勝大会

10月22日(土)、東北芸術工科大学において、中学校デザイン選手権 決勝大会が実施されました。

決勝大会に選ばれた5チームが終結し、各チームがプレゼンテーションを行いました。

本校からは、中川颯くん、松木なるみさん、渡邉あやさん、大類ひばりさん、武田拓己くんの5名が出場し、「みんなで直そう!歩きスマホ!」をテーマに、堂々とプレゼンテーションを行いました。

%e3%83%87%e3%82%b5%e3%82%bb%e3%83%b3%ef%bc%92%e3%83%87%e3%82%b5%e3%82%bb%e3%83%b3%ef%bc%91

 

 

 

 

%e3%83%87%e3%82%b5%e3%82%bb%e3%83%b3%ef%bc%93%e3%83%87%e3%82%b5%e3%82%bb%e3%83%b3%ef%bc%94

 ”百花繚乱”~咲く笑顔の花~ 体育祭開催

10月23日(日)、本校北アリーナを会場に、体育祭を開催しました。

スローガンを『”百花繚乱”~咲く笑顔の花~』とし、紅軍と白軍に分かれ、全員リレーなどの全員競技や玉転がしリレーなどの選抜競技、保護者と教職員による風船・ボール渡しリレーなどを実施しました。昼食は、参加者全員で山形名物のいも煮を食べました。体育祭を通してスローガンどおり、笑顔あふれる1日をみんなで過ごしました。

%e4%bd%93%e8%82%b2%e7%a5%ad%ef%bc%91%e9%81%b8%e6%89%8b%e5%ae%a3%e8%aa%93

 

 

 

 

 

 

%e7%8e%89%e8%bb%a2%e3%81%8c%e3%81%97%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%871

 

 

 

 

 

 

 

 

%e7%b6%b1%e5%bc%95

%e5%85%a8%e5%93%a1%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc

平成28年度東桜学館高等学校公開授業研究会と教育講演会第3次ご案内

開催日時:11月1日(火)

平成28年度校内研究テーマ「知識構成型ジグソー法(協調学習)の授業で学びを喚起する―生徒の言葉を待つ勇気,ICT機器の活用―」

本年度は,本県初の公立中高一貫校に移行しての最初の一年目を迎えます。本年度の授業研究会の助言者,教育講演会講師には現在,文部科学省の中枢で御活躍の東京大学高大接続研究開発センター 教授・東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構 機構長・国立教育政策研究所 フェローの白水始 先生をお迎えいたします。白水先生には本校の協同的な学びを目指す授業研究の流れを更に後押しいただき,御指導をいただく予定であります。

御指導を受けて今後,協調学習を中心に据えた校内研究を一層推進し,加速させ,その勢いが県内に波及し,やがては校種や,学校間の枠を超えたnetworked learning communityができることを目指します。三宅先生のお考えとCoREFの推進する教育の流れを支えていらっしゃる白水先生に授業研で御指導いただきながら,様々なアクティブラーニングの実践に迷い,その言葉に戸惑い,あるいは協調学習と現在の受験指導の狭間で悩み苦しむ教師集団に文部科学省が現在目指す教育の流れを踏まえながらお話をいただきます。

1 公開授業研究会の流れ

  • 受付 10:00-10:50  来場者受付(中庭→交流ホール入口で)

(2)公開授業

10:55-11:50 公開授業①(55分)公開クラス

授業者 数学Ⅰ                  1年次2組 (上原 範将 教諭)1-2教室

英語コミュニケーションⅠ 1年次3組 (戸田 怜 教諭)1-3教室

現代社会         1年次1組 (小関 重紀 教諭)1-1教室

(3)事後研究会

13:10-14:10 事後研究会(分科会形式) 場所 授業会場と同じ

司会・進行  各該当教科主任

助言者

(数学)山形県教育センター指導主事                    山科 勝 氏

(英語)宮城教育大学教職大学院教授

宮城教育大学附属小学校英語教育センターセンター長  板垣 信哉 氏

山形大学地域教育文化学部准教授                   金子 淳氏

山形大学・東北芸術工科大学講師                   布川 裕行 氏

山形県教科指導アドバイサー                        柴田 曜子 氏

山形県教育庁高校教育課指導主事                   佐藤 英司 氏

(公民)前河北町教育委員会教育長

元山形県立楯岡高等学校校長                        髙橋 勝一 氏

(4)午後の受付(教育講演会のみの参加者の受付)13:15-14:15

2 教育講演会   場所 大講義室

時間 14:30-16:30

  演題 「もう一歩踏み出すために:子どもたちの21世紀型スキルを活用して」

講師 東京大学高大接続研究開発センター 教授

東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構 機構長

国立教育政策研究所 フェロー      白水 始  氏

3 参加お申込み: お申し込みは終了いたしました。お申し込みありがとうございました。

4 駐車場 お車でお越しの際は,本校東側に「週末びっくり市」の駐車スペースがございます。

週末びっくり市様よりご配慮いただいておりますので,ご利用ください。

5 その他 内履きをご持参願います。

その他のお問い合わせは、

山形県立東桜学館中学校・高等学校研究課 小林 英治(こばやしえいじ)までお尋ねください。

〒999-3730 山形県東根市中央南一丁目7番1号 TEL. 0237-53-1542

電子メール: skobayashie@pref-yamagata.ed.jp

※本件に関するお知らせは随時本校HPで更新しますのでご覧願います。

 

教育講演会ポスター

全国高等学校弓道選抜山形県大会に参加してきました。

10月15日(土)山形市総合スポーツセンター弓道場において全国高等学校弓道選抜山形県大会に参加してきました。

男子、女子ともに団体の3人立で競技を行いました。

fullsizer

img_5857-1

 

 

 

 

 

全国、東北へと繋がる大会のために、選手一人一人の気迫が強く感じられる素晴らしい大会でした。

結果は下記の通りです。

女子(加藤・天野・矢萩・本田)第3位

img_5898

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<選手からのコメント>

・いつも通りの射を心掛けて弓を引きました。少し緊張しましたが、楽しかったです!他の大会でも良い記録が残せるように頑張ります。

・応援してくれた仲間、アドバイスを下さった先生方に感謝の気持ちを持って大会に臨むことができました。

・今回は自分の力を発揮できずに終わってしまったので、次の大会に向けて練習を頑張りたいです。

 ・大会ということで自分の射をすることができなかった。自分の射を確立するために、今後の練習により一層集中して取り組むようにしていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

学習メディアセンターOPENしました。

「東桜学館学習メディアセンター」OPEN

昨年12月に楯岡高校の図書室を閉館して、

東桜学館中学校・高等学校の学習メディアセンター開館準備を進めてきました。

図書委員と愉快な仲間たち、進路の決まった旧楯岡高校3年生ボランティア、

ひと声掛けると「どれ、どれ、人手足りっだがー。」と集まってくる職員の皆さんの御蔭で、

蔵書の配架は、3月中に終了しました。

多発したICT関連の不具合は、何度も複数の業者さんに調整してもらいながら、

何とか4月から開館することができました。

ダンボール800箱に詰め込んで楯岡高校から運んできた約25,000冊の蔵書は、

中学1年生から高校3年生、職員まで幅広く利用されています。

 

 

 

imgp0038

imgp0031

 

「学習メディアセンター」入口です。SS部O団“ふみくん”が看板を作ってくれました。

「へいらっしゃい」の裏側は「まいどあり」になっています。

中学生が展示ケースに、校歌作詞者 小川糸さんの本を飾ってくれました。

 

 

imgp0040

 

 

 

 

 

大型の図書返却ポストは、大漁網のごとく返却本でいっぱいです。

 

 

 

imgp0032

imgp0033

入口を入って正面では、両面タイプの新聞・雑誌ラックが出迎えます。

入口を入って向かって左手は、カウンターです。

個性的で愉快なスタッフが貸出手続きをします。

火曜日と木曜日は中学生図書委員も御手伝いしてくれます。

ちょっとしたレファレンスサービスもできるようになると助かるなぁ~。

 

 

imgp0034

 

 

 

 

 

やや中央右側に映っている黒い物体は、電子黒板です。

各教科の授業で頻繁に使用されています。

 

 

imgp0035

 

 

 

 

 

東側にはキャレルディスクがあります。

個別に仕切られているので、高校生も中学生も勉強しやすいようです。

 

 

imgp0042

 

 

 

 

 

放課後になると高校3年生を中心に勉強しにやって来ます。

 

 

imgp0044

imgp0045

所々で中学生の姿も見受けられます。

 

 

imgp0046

 

 

 

 

 

山形県推奨のペレットストーブと旧楯岡高校から持ってきたソファセット。

学習メディアセンターでは、寛ぎの空間も提供しています。

是非、リラックスしにお越しください。

 

 

☆◊☆◊☆My Favorite Book!!☆◊☆◊☆

       ★♦★わたしのおすすめキラッ★♦★

 

PN霧晴さんより

imgp0053

 

 

 

 

 

『妖怪アパートの幽邪な日常』 香月日輪著 講談社

夕士(ゆうし)は、中学の時に両親が亡くなり、

高校から寮生活をする予定が、寮が火事で燃えてしまった。

どうしようもなくなり、家賃2万5千円で見つけたアパートはいわくつきだった…。

まず始めに、自分はこの本を読まなかったら、今の自分はいないと言えるほど、

自分に影響を与えた本です。

主人公の成長していくすがたや、生きることの大切さ、現実の厳しさ、

それらを読むと楽しく学べます。

この本はできれば日本中の中・高生全員に、

さらに欲を言えば、すべての大人の人に読んでほしい本です。

本が苦手な人でも簡単に読めると思います。

 

 

TMさんより

%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%8d%e3%83%bc

 

 

 

 

 

『ねらわれた星』 星新一著 理論社

この本は、有名なSF作家の星新一さんの短編集です。

一つ一つの話が短く、長編を読むのが苦手な人でも読みやすいと思います。

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

%e6%8a%95%e7%a8%bf%ef%bd%82%ef%bd%8f%ef%bd%98

 

 

 

 

 

ブログ投稿BOX」を学習メディアセンターのカウンターに設置しています。

上記の要領でお薦めの本をドンドン紹介してくださいね。

詳細は、最寄りの図書委員か学校司書にお尋ねください。