沿革

学校沿革の概要

明治37年
私立楯岡女学会として創設
明治42年
私立北郡女学校と改称
大正 9年
山形県北村山郡立実科高等女学校と改称
大正10年
山形県立楯岡実科高等女学校と改称
大正14年
山形県立楯岡高等女学校と改称
昭和23年
山形県立楯岡第二高等学校と改称
昭和25年
校名を山形県立楯岡高校と改める
平成16年
全日制単位制高校に移行。開学100周年を迎える
平成23年
創立90周年を迎える
山形県英語教育改善推進校に指定
平成24年
山形「スピーク・アウト」方式普及事業拠点校に指定
平成27年
チャレンジSSH校に指定
平成28年
東桜学館中学校・高等学校が開校
平成29年
東桜学館中学校・高等学校が文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける
令和元年
東桜学館中学校・高等学校PTAが文部科学省より優良PTA文部科学大臣表彰を受ける