カテゴリー: お知らせ

「た~んとほおバルフェスタinひがしね2018」でボランティアスタッフとして活動しました

 

 

 

 

 

 

9月15日(土)、東根市市制施行60周年記念「肉の祭典inひがしね2018」が東根市民体育館駐車場で行われ、本校ソフトボール部 9名がイベントスタッフとして活動しました。このイベントは、東根市が「食を通した地域魅力の発信」をテーマに開催しており、イベントを盛り上げるため若い人たちの協力がほしいということで募集がありました。

活動内容は会場内のお客様の誘導と会場内の環境整備です。参加した生徒たちは、午前中に環境整備、午後からは各出店の宣伝活動を行い,笑顔と元気な声でイベントを盛り上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中学保護者の皆様へ】東桜学館中だより第91号発行

本日、東桜学館中だより第91号を配付しましたので、ご覧ください。

主な内容は、「第2回学館給食試食会のご案内」についてです。

【中2保護者の皆様へ】学年通信アップ

「在校生の皆さまへ」に、第2学年通信をアップしましたので、ご覧ください。

【中学保護者の皆様へ】東桜学館中だより第90号発行

本日、東桜学館中だより第90号を配付しましたので、ご覧ください。

主な内容は、「創立記念式典後におけるPTA講演会のご案内」についてです。

【来春入学希望者の方へ】山形県外や外国から志願する方へのお知らせ

来春、本校への入学を考えている方で、現在、山形県外や外国にお住まいの場合、出願書類の一つとして「県外等からの志願許可書」が必要となります。

「県外等からの志願許可書」は山形県教育委員会から交付されるものです。

「県外等からの志願許可書」が交付されるまでの手続き等についてお聞きしたい場合は、山形県教育庁高校教育課(023(630)3067)にお問い合わせください。

なお、申請期間がありますので9月中にお問い合わせしてただければと思います。

【高校2年次の保護者の皆様へ】

本日年次だより大14号を生徒に配布いたしました。いろいろ誤植があり、大変申し訳ありません。

今号は1年後の生徒諸君が何をしているかイメージを持ってもらうため、現3年次生の進路に関する動きを紹介いたしました。

ぜひこのホームーページから高校2年次のサイトにアクセスしていただき、皆様にもご覧いただきたいと思います。

今後とも、時々高校2年次のサイトをご覧いただき、情報を得ていただきたいと思います。

平成30年度県立東桜学館高等学校公開授業研究会・教育講演会のご案内

標記の公開授業研究会及び教育講演会を下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。

1 テーマ  協調学習の授業で学びを喚起する

―知識構成型ジグソー法等の実践とICT機器の活用―

2 日 時  平成30年10月26日(金)12:00より受付

3 場 所  山形県立東桜学館高等学校(山形県東根市中央一丁目7番1号)

TEL:0237-53-1542 FAX:0237-53-1552

4 対象者  教員および教育関係者

5 日 程

12:00-12:30 一般参加者受付

12:30-13:25 公開授業

国語(知識構成型ジグソー法で学ぶ漢文)1年次4組 今野成一郎教諭

SS総合探究Ⅰ(CLILで学ぶ環境生物学) 1年次6組 山口和彦教諭,1年次3組 原田和之教諭

*CLILとはContent and Language Integrated Learningの略で内容言語統合型学習のこと。教科内容(生物や数学、歴史など)を学びながら、目標言語を同時に習得していく比較的新しい言語教育の方法です。

13:35-14:15 事後研究会(分科会形式)

助 言 者 山形県教育庁高校教育課指導主事 髙橋丈士氏

上智大学外国語学部英語学科教授 和泉伸一氏

14:35-16:20 教育講演会 演題 「Teaching English in English in the New Era」

上智大学外国語学部英語学科教授 和泉伸一氏

6 参加申込方法等

①FAX送信票をダウンロードしてFAXにてお申し込みください。また、メールの場合は、onoe.aj#pref-yamagata.ed.jp(#を@にしてお送りください。)に必要事項を御記入の上お申し込みください。

②締め切りは平成30年10月12日(金)といたします。

③駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関での御来場に御協力ください。

H30案内書(pdf形式)

Fax送信票(excel形式)

Fax送信票(pdf形式)

【弓道部】男子団体 優勝!最北地区高校新人弓道大会および全国弓道選抜大会地区予選会

9月8日(土)最北地区高校新人弓道大会、9日(日)全国弓道選抜大会地区予選会が新庄市武道館弓道場で行われました。両日ともに沢山の保護者の声援を受けながら、新チームとして初めて上位大会に繋がる大きな大会でした。また1年次生については、デビュー戦になります。これまでの練習の成果が試される大切な試合です。結果は以下の通りです。

★新人弓道大会 男子個人 優勝 原田選手8射7中、第3位 小山田選手8射6中、男子団体 優勝、女子団体 第3位

県新人大会出場権獲得 男子団体、個人4名(原田選手、小山田選手、細矢選手、髙橋選手)

●全国高校選抜地区予選会 女子団体 優勝、男子団体 第2位、女子個人 優勝 西塚選手16射13中、男子個人 第3位 小山田選手16射9中

全国弓道選抜大会山形県大会出場権獲得 女子団体および男子団体

尚、県新人弓道大会は、11月3日(土)~4日(日)、全国弓道選抜山形県大会は、10月20日(土)にいずれも山形市総合スポーツセンター弓道場で行われます。

<選手の振り返り>

1日目。団体でチームに貢献できなかったのは残念だ。心が弱いのか、体力が続かないのか、あるいはその両方なのか、いずれにしても県大会までに、内容の濃い練習をしていきたい。2日目。自分でいろいろ考え、迷ってしまったので、あのようなひどい結果になってしまった。攻めの姿勢を忘れずに、腹を決めて引くことが何よりも大切だと実感した。

私は強い離れを出す事を目標に大会に臨んだ。1日目は自分の射が出来なかった。2日目は昨日の反省から緩まず離れることが出来た。しかしもっと詰められた射もある。今後の課題は質の高い練習を積み重ねて緩まない射をする事。この悔しさを決して忘れずに、総体では団体で県以上の大会で戦いたい。

今回の大会では自分の射ができない大会でした。全身に力みがあり最後まで抑えることができないまま終ってしまいました。結果としては個人、団体で県大会に出場できるものの不安の残る結果でした。県大会ではもっと自分の射に自信をもって堂々と引けるように自信を持てる射をできるように練習を積んでいきたいです。
今回の新人戦ではギリギリまで射が安定せず、納得のいく結果が出せませんでした。次の大会までまだ時間があるので、体を開いてしっかり伸びることを意識しながら練習していきます。
今回の新人戦は技術的にも気持ち的にも未熟だということを改めて痛感した大会でした。技術がどうあれ、強い気持ちで挑めば強い離れも出たはずです。今回の反省を生かし、課題克服と共に一本一本大切に意味のある練習をします。普段の生活はもちろん、部活での挨拶や掃除、細かいところも徹底して生活していきます。
今回の大会では気持から負けていて冷静に自分の射をすることが出来なかったと思いました。団体の足まで引っ張って、そんな射をした自分が憎らしくて腹立たしくてなりません。もうこんな思いはしないように、日々の練習から見直していこうと感じた大会でした。
今回の大会は、全体的に見て成長した大会でした。1日目の個人戦では、離れが悪く矢所が乱れて、いい射ができませんでした。2日目では、打起しから離れまで馬手の捻り、弓手の手の内の入りや角見を働かせて押し返し、4立めでは皆中することができました。この感覚を忘れずに、これからの練習の一本一本を大事にし、次の大会に活かせるようにしていきたいです。
「大会でも練習の時と同じ射を。」そう意識して臨んだ新人戦ですが自分が満足する結果を持ち帰ることは出来ませんでした。初めての大会という事への緊張感と不安で、強く安定した射を出すことを難しく考え過ぎてしまいました。普段の生活でも自分がやるべき事はしっかりと、今大会の結果をどう生かせるか、これから日々精進していきたいです。
今回の大会に出場して、僕は弱点をいくつか見つけることができました。1つは精神的な面です。僕は今回の大会でいつも通りの気持ちをあまり作れずに出てしまいました。そのせいか1立目から弱気になって攻める弓道をすることができませんでした。その後に先生から助言をいただき元の射に戻すことができましたが、最初から強い気持ちを作れず弱気になってしまうことが弱点だと感じました。2つ目は技術的な面です。僕はまだ弓道を始めたばかりの初心者なので基本を固めて出場したかったのですが、直そうとしていた前矢や最後まで体を開き続けて強い矢を出すことできない射が何回かありました。今回の大会でいくつかの問題点を見つけることができました。これらの問題点も前々から先生から教わっていましたが、実現させることができませんでした。これからは質の高い練習を心掛けて自分を強めていき、次の大会では悔いの残らないようにしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”届けよう!服のチカラ”プロジェクト3410活動報告

 

 

 

 

 

 

 

 

中学校・高等学校生徒会が協力して取り組んでいる「”届けよう!服のチカラ”プロジェクト」も3年目になります。

この活動は、株式会社ユニクロが行っている”届けよう!服のチカラ”プロジェクトに賛同し、着なくなった子ども服を集め、世界の中の服を必要としている人々へ届ける活動です。昨年度の活動では、地域の方々からのご協力もあり1,621着を集めることができました。それらは全国から集められた2万着とともにミャンマーの4箇所の難民キャンプに届けられました。

今年度は昨年度を上回る3410かせとうおうで)着という目標を設定し、東根市内の小学校や保育所、公共施設に活動のチラシを配布し、協力を呼びかけてきました。

9月11日放課後、中高生徒会とボランティア委員が集まり、東桜祭にお持ちいただいた衣服の整理と箱詰作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に準備した場所では足りず、パッチワークのように広がっていく光景に驚きながら40分で整理した枚数は

 

 

 

 

 

目標達成!!

「”届けよう!服のチカラ”プロジェクト3410」を担当した生徒担当者のコメント

「目標3410着としたのは多すぎたかな」と不安な気持ちになっていました。東桜祭で多くの人に衣服を持ってきていただき、さらに励ましのお手紙やメッセージまでいただき、とても有り難く感じています。そして、枚数を数え「5073着」に驚いています。こんなに協力してもらえるとは思っていませんでした。多くの人の「これが人の役に立つのなら」という思いを感じました。ご協力ありがとうございました。

 

【来春入学希望の方へ】入学者選抜説明会の駐車場について

来春入学を希望する小学6年生の保護者の方へ

9月29日(土)・30日(日)、本校を会場に実施いたします入学者選抜説明会へ自家用車利用により参加いただく場合、

東根市役所より、庁舎の南側と東側の駐車場をお借りいたしましたので、そちらをご利用ください。

まなびあテラスや本校近隣の商業施設等の駐車場の利用はご遠慮ください。