陸上競技

山形県中学校総合体育大会陸上競技大会に参加してきました

7/21(土)・7/22(日)の2日間にわたって、鶴岡市の小真木原陸上競技場で開催された山形県中学校総合体育大会陸上競技大会に、東桜学館中学校陸上競技部として初出場、初の1泊2日の遠征に行ってきました。

6月中旬に県内各地区で開催された地区総体を勝ち抜いた選手が集い、猛暑の中、文字通り、熱い戦いが繰り広げられました。また、この大会の各種目上位4名には8/8(水)・9(木)に岩手県北上市で開催される東北中学校総合体育大会陸上競技大会の出場権も与えられることとなっていました。

本校からも1年生女子1名が1年1500mに出場しました。各地区総体を終えての記録によるランキングは4位。ただし、このランキングも一か月半ほど前の記録によるランキングですから、全くあてにはなりません。レース当日に調子が良かった者が勝つのが陸上競技です。しかし、レースに出るからには県中学総体初入賞、あわよくば東北中学総体出場という目標を掲げて大会に臨みました。

レース開始前までに様々なことを選手・サポート選手・顧問で確認し、レースに臨みました。序盤のレース展開は想定内で進みましたが、今まで未経験の23名という大人数でのレースに気持ちの面で一歩、引いてしまい、1500mで重要な位置取りで他校の選手に先を越されたことが最後まで響いた結果となりました。レース後、選手本人も気持ちの面での自分の弱さとレース経験の差を痛感したと話していました。

今回のレースで学んだ数多くの経験を次に活かしてこそ、この悔しさが糧となります。顧問が如何に説明しようとも得難い経験をしてくれたことを、きっと次のレースで発揮してくれると思います。

また、今回、サポート選手で3年生女子が1名、この遠征に帯同してくれました。細かな所まで本当によく気を配って、後輩のレース参加を支えてくれました。大会当日にも3年生部員2名が応援に駆け付けてくれました。保護者の皆様の協力があればこそではありましたが、遠くまで応援に来てくれたその気持ちが本当に嬉しく心強いものでした。

来年はもっと大人数で賑やかにこの大会に参加できるように選手・顧問共々頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

併せて、この場をお借りしてご協力いただいた保護者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

≪山形県中学校総合体育大会陸上競技大会  7/21(土) 晴≫

【女子】

1年1500m  柏倉 一愛 決勝 13着/23人 5’24”52 公認自己ベスト