カテゴリー: 行事カレンダー

2018進路学習課通信Vol.1

進路学習課通信Vol.1

合格体験発表会が行われました。

報告が遅くなりましたが、去る3月23日、この春の卒業生による合格体験発表会が行われました。ついほんの先日まで、進路実現を目指して努力を続けてきた先輩たち6名の生の声を聴く貴重な機会となりました。そのなかでも、東桜学館となって初めて東北大学(工学部)に合格した先輩からは、苦手科目から逃げているだけでは決して合格は勝ち取れないという話がありました。2年次に進路目標を定めたのと同時に苦手教科にも積極的に取り組むようになりました。本人いわく、「笑っちゃうくらいにダメな教科」でも少しずつ分かっていく、できていく喜びに目覚めたそうです。言われてみると、彼はいつも楽しそうに受験勉強していました。「どうせやっても伸びない」、「めんどくさい」と思わず、「まだまだ伸びしろがある」、「わかれば楽しい」…苦手科目ともそのようにつきあえたらどんなに楽しく学習できることでしょうか。また、6名中5名が運動部(ソフトボール部、陸上部、バドミントン部、弓道部)、残る1名も吹奏楽部と、部活動との両立にも苦心しながら、それぞれ自分の生活スタイルにあった学習方法を確立していったようです。自分の失敗談をもとに話してくれた先輩もいました。

この発表会に代表で話をした6名に共通する点は、ともに高い志を最後まで貫いた生徒であるということでした。ある先輩は山形県立保健医療大学(理学療法学科)の推薦入試を受験しましたが残念ながら不合格。心が折れそうになりながらも一念発起し、見事一般入試(前期)での合格を勝ち取りました。またある先輩は前期試験で第一志望の東北大学(文学部)に受験しましたが不合格。第二志望秋田大学(教育文化学部)の後期試験合格を目指して、この発表会の直前まで粘って学習を続けました。彼女が話してくれたのは、「受験を通して学んだこと」と題した次のような内容でした。「…(前期の)結果は不合格でした。正直、今でもとても悔しいです。でも、受験したことは全く後悔していません。東北大学に挑んで得たものがあるからです。これまでにないくらいに勉強しました。(中略)落ちたとわかった瞬間、これまでの努力や自分のすべてを否定されたようで絶望しました。試験の厳しさを知りました。ひたすら自分と向き合い、自分について考えました。自分の本性を知りました。学力以上に人間としての力を得たと思います。(中略)しばらく立ち直れなかったのですが、自分を奮い立たせて後期まで何とか受験してきました。そして、一昨日、秋田大学に合格できました。今は達成感と新たな目標で胸がいっぱいです。…」今回の発表会に参加した在校生たちが1年後、2年後に彼女と同じような達成感を感じながら東桜学館を巣立っていくことを願ってやみません。先輩方、お話ありがとうございました。

平成29年度県立東桜学館高等学校公開授業研究会のご案内

平成29年度県立東桜学館高等学校公開授業研究会のご案内

 

本年で4回目を数える本校の公開授業研究会をご案内いたします。本年度も,授業を開いて地域のみなさまとともに子供たちの探究型の学びの姿を見取ることを中心に据え授業研究会を計画しています。

本校は本県の探究学習型推進協力校としての意識を一層高め,今後,協調学習を中心に据えた校内研究を更に推進し,加速させ,その勢いを県内に波及させ,やがては校種や,学校間の枠を超えたnetworked learning communityができることを目指します。

 

1 日程:平成29年11月20日(月)

  1. 13:35-14:30 (5時間目) 公開授業
  2. 14:30-14:50        清掃
  3. 14:50-15:45 (6時間目) 事後研究会

 

2 研究テーマ・授業形態

知識構成型ジグソー法(協調学習)の授業で学びを喚起する。

-生徒…ICTの活用,協同的な学び→知識の定着と活用→21世紀型能力へ-

-教師…省察→授業改善へ-

知識構成型ジグソー法(協調学習)の授業で学びを喚起する。

-生徒…ICTの活用,協同的な学び→知識の定着と活用→21世紀型能力へ-

-教師…省察→授業改善へ-

 

授業形態: 知識構成型ジグソー法による授業

 

3 公開する授業

対象生徒 2年次生 日本史

授業会場 第3多目的教室(5階)

授業者 渡部 英 教諭

事後研究会 授業会場と同じ(予定)

※ 同日,同時間帯 本校併設中学校では英語,数学の校内授業研究会を実施予定。

※ 助言者には県教育センターより山科 勝指導主事をお迎えいたします。山科指導主事には,本校で継続的に協調学習の御指導と御支援をいただいております。

 

4 高等学校の公開授業御参加のお申込みは以下の電子メールアドレスまで御連絡願います。

お申し込みの際には,お名前(ふりがなつき),所属,(教育関係者であれば職名も),

返信用の電子メールアドレスをお知らせください。

skobayashie@pref-yamagata.ed.jp

 

5 その他

詳細に関しては本校HPにて随時更新情報を掲載いたします。

担当 小林英治skobayashie@pref-yamagata.ed.jp

 

平成29年度 山形県立東桜学館中学校・高等学校  後援会 総会

平成29年6月23日に本校で、平成29年度 山形県立東桜学館中学校・高等学校 後援会 総会が開催されました。

 

 

 

 

 

 

1 開会の挨拶

2 会長挨拶 土田正剛 東根市長

3 自己紹介

4 座長選出 河村 豊 PTA会長

5 協議

(1)平成29年度 役員

(2)平成29年度 事業概要

(3)平成29年度 予算

(4)その他

6 学校概況 官  宏 校長

 

 

 

 

 

 

 

7 その他

8 閉会の挨拶

文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクール(SSH)記念 平成29年度第1回公開授業研究会(生物)のお知らせとご案内

本校は本年度より文部科学省からスーパーサイエンハイススクール(SSH)に指定されました。これを機に科学的な思考を生かした学びを一層推進してまいります。

本年度の本校(高等学校)の校内授業研究テーマは,「知識構成型ジグソー法(協調学習)の授業で学びを喚起する。」

-生徒…ICTの活用,協同的な学び→知識の定着と活用→21世紀型能力へ-

-教師…省察→授業改善へ-

としています。東京大学大学発教育支援コンソーシアム機構(CoREF)で開発した協調学習により,生徒たちがいかにして科学的な難題に挑み,協同して問題解決にあたり,学びを深め,広げるかを地域のみなさまと共有させていただきたいと考えています。

 

日時 平成29年6月23日(金)

公開授業 :12:30-13:25

事後研究会:13:35-14:30

公開するクラス・科目 3年次生 生物(授業者 横山 哲 教諭)

助言者 山形県教育センター 指導主事 山科 勝 氏

公開授業研究会参加ご希望の方は,お名前,ご所属,御連絡用電子メール,授業・事後研のいずれにご参加くださるかなどをご記入いただき,以下のアドレスに電子メールでお知らせください。メッセージの件名欄には,「6月23日公開研申込(お名前)」とご記入ください。お申し込み締め切りは,平成29年6月9日(金)17:00とさせていただきます。

お申し込み用電子メールアドレス  skobayashie@pref-yamagata.ed.jp  担当 東桜学館高等学校研究課 小林英治

山形県立東桜学館中学校・高等学校 平成29年度 入学式

平成29年4月7日に山形県立東桜学館中学校・高等学校 平成29年度 入学式を挙行しました。

中学生99名、高校生201名が本校に入学許可されました。

入学式次第

一、開式のことば

一、国歌斉唱

一、入学許可

一、校長式辞


 

 

 

 

 

一、来賓祝辞

一、祝電披露

一、新入生代表誓詞


 

 

 

 

 

一、校歌披露

一、閉式のことば

 

 

 

EUが東桜学館にやってきた!

EUが東桜学館にやってきた!

11月14日(月)EUが本校大講義室にやってきました。このたびお越しいただきましたのは、駐日チェコ共和国大使館次席参事官 ミラン・スラネッツ(Milan Slanec) 氏とチェコ共和国大使館エグゼクティブ アシスタント 村上健太 氏で、両氏は当日本校1年次生全員と2年次生文系生徒全員の計300名に対して、EUの歴史、経済、国際情勢などについてチェコ語で御講演くださいました。御講演はスラネッツ次席様よりチェコ語でなされた後に、村上様より日本語に通訳いただきました。

本校生は、「今回の公演でEUについて詳しく知ることができた。」、「留学についてのメリットもよくわかった。将来はヨーロッパに留学したい。」、「今までEUと日本の関係について考えたことがあまりありませんでしたが、自分にとってEUが身近に感じられてきました。」、「多様性の中の統合、という言葉がとても印象に残りました。」などと話していました。

講演会の後、本校生が残って、懇話会を開き、スラネッツ次席様に英語で   質問をしていました。「日本での異文化体験は?」、「アメリカの大統領選挙の 結果についてどう考えますか。」などと鋭い質問も。外交の最前線にいらっしゃることがうかがえる思慮深い、しかし丁寧なお答えをやさしい口調の英語でお答え下さいました。

EUが東桜学館にやってきた!

 

行事カレンダー(高校11月):Ⅲ進路講演会を更新しました。

行事カレンダー・高校に、11月3日(木・祝)の3年次生徒・保護者対象の進路講演会の様子をアップしました。

演題「未来学概論2016~生きることは、呼吸することではない。行動することである~」

講師 鈴木 晃彦(すずき・てるひこ) 氏 山形大学・富士大学 教授

ぜひご覧ください。