カテゴリー: 高校

夏の甲子園予選 東桜学館が山形新聞に掲載されました

7月14日の夏の甲子園予選の試合について、東桜学館が山形新聞(7月15日版)に掲載されました。

夏の甲子園予選 東桜学館が朝日新聞に掲載されました


7月14日の夏の甲子園予選の試合について、東桜学館が朝日新聞に掲載されました。

次のURLからデジタル版をご覧ください。

https://www.asahi.com/articles/ASM7G4W4CM7GUNHB00P.html

【速報】吹奏楽部 中高ともに県大会出場を決める!

7月13日、14日に全日本吹奏楽コンクール第58回山形県大会最北地区大会が開催され、東桜学館は、中学校、高等学校ともに7月27日(高等学校)、28日(中学校)に開催される県大会への出場を決めました。

県大会でも、響け!"東桜サウンド"

壮行式の様子

【速報】東桜魂、爆発!夏の甲子園予選 勝利‼

7月14日、東桜学館は、第101回全国高等学校野球選手権山形大会の初戦(2回戦)を闘いました。
6回までに2対3とリードを許す展開でしたが、7回に打線が爆発し、1番庄司の3塁打を含む6本の長短打を集めて一挙8得点をあげ、結果、10対3(7回コールド)で鶴岡工業高校に勝利しました。

同級生らの熱い闘いぶりに、応援の3年次生・応援団・生徒会執行部も大いに盛り上がり、ベンチ・スタンドが一体となって東桜魂を爆発させ、エース三澤の粘り強いピッチングと全員安打、そして、ベンチも含めた全員野球により、東桜学館開校以来、夏の甲子園予選初めての勝利となりました。

応援いただいた、保護者、OB・OG、関係者の皆様ありがとうございました。

《写真》
粘りのピッチングを見せたエース三澤
1回裏 同点に追いつくタイムリーを打った大類
5回裏 大宮による逆転の一打
7回裏 打者一巡による猛攻
夏の甲子園予選で初めて高らかに校歌を歌いあげる東桜ナイン



 

 

 

 

 

東桜学館ホームページの「入学案内」に「Q&A(高校)」を追加しました。

東桜学館ホームページの「入学案内」に「Q&A(高校)」を追加しました。

以下に、その内容を掲載します。

Q&A(高校)

Q1:東桜学館が求めている生徒像とはどのような生徒ですか。

A:これからの変化の激しい時代を逞しく生き抜いていくためには、人に言われて何かに取り組むのではなく、自ら進んで取り組む姿勢が大切になります。東桜学館では、授業第一主義を掲げ、大学進学を前提とした内容の濃い授業が展開できるよう取り組んでいます。そこで、高い志をもって授業に集中し、自主的・主体的な学習を大切にする生徒の入学を期待しています。

また、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校として、「未来創造プロジェクト」をはじめとする探究活動や沖縄フィールドワーク、ハワイフィールドワークをはじめとする様々な挑戦の機会が数多く設定されている学校です。したがって、他校では経験できない様々な挑戦の機会を有効に生かし、何事にも前向きにチャレンジしようとする生徒の入学を期待しています。

Q2:クラス 編成はどのようになっていますか。

A:中学校までのクラス編成に比べて大きく異なるのは、高校ではホームルームのクラス編成と授業を受けるときのクラス編成が必ずしも一致しないということです。そのことを前提としながら、各学年のクラス編成についてご説明します。

【高校1年次】
本校は1学年の定員が200名ですので、本来は1クラス40名×5クラスの編成になるところですが、東桜学館では、特例的に、高校1年次だけは少人数(1クラス33名程度の6クラス)でホームルームのクラス編成を行います。6クラスのうち、地域の各中学校から入学した生徒を3クラス、東桜学館中学校から進学した生徒を3クラスとしています。

【高校2、3年次】
ホームルームは、原則、文系・理系などの進路希望等に応じたクラス編成となります。授業については、選択科目や習熟度に応じたクラスで受けることが多くなります。例えば、現在、3年次の英語では、1クラスを2つのクラスに再編成し授業を行っています。それぞれの進路希望や学習の到達度に応じた少人数のクラスできめ細やかな授業を受けることができます。

Q3:東桜学館高等学校のカリキュラムの特徴はなんですか。

A:ほとんどの生徒が四年制大学を目指すことを想定し、山形大学はもちろんのこと、東京大学や医学部をはじめとする難関大学にも対応した科目を選択できるようにしています。

また、令和2年度から始まる新しい大学入試にも対応できるよう、「未来創造プロジェクト」をはじめ、自ら課題を見つけ解決する力を育てる探究型の学習に力を入れるなど、論理的思考力(logical thinking)や批判的思考力(critical thinking)、創造力、判断力などの育成に力を入れています。

さらに、生徒一人一人の個性を伸長しながら、グローバル化に対応できる表現力やコミュニケーション能力なども養成しています。

Q4:東桜学館中学校から東桜学館高等学校に進学する生徒を除いた、高等学校の募集人数はいつごろ正式に発表になりますか。

A:東桜学館としては公表していません。山形県教育委員会が、推薦入試の内定状況が公表される時期にあわせて人数を公表しています。

Q5:授業についていけるか不安です。東桜学館は授業のスピードが速い、また、課題(宿題)が多いと聞きましたがほんとうですか。

A:東桜学館の授業のスピードが、大学受験を前提としたほかの高校と比べて極めて速い、あるいは、東桜学館の課題(宿題)の量がほかの高校に比べて多いということは決してありません。むしろ、東桜学館では、課題の量は最小限にし、それぞれの進路希望に応じた自主的・主体的な学習を推奨しています。

また、東桜学館に入学してくる生徒の進路希望を実現するためには、高校1・2年次では、1週間に25時間(平日3時間、休日5時間)程度の家庭学習を一つの目安としています。中学校時代に家庭学習の習慣がなかった人にとっては慣れるまではたいへんかもしれませんが、先生に積極的に質問したり、時間の使い方を工夫したりして、少しずつ学習のペースをつかめるよう努力してほしいと考えています。

Q6:東桜学館では、なぜ、自主的・主体的な学習を大切にしているのですか。

A:これからの変化の激しい時代、たとえば、AIなどの先端技術が急速に進展する社会を逞しく生き抜いていくためには、学校で学んだことだけでは不十分です。

したがって、生涯にわたって学び続けようとする意欲や、場合によってはリカレント教育(義務教育または基礎教育の修了後、生涯にわたって教育と他の諸活動(労働、余暇など)を交互に行なう教育システム)の機会を有効に活用することが大切になってきます。

そこで、東桜学館では、「主体的に学ぶ自立した学習者の育成」を目標にし、生涯を通じて学び続けることができる力を育むことを大切にしています。

クラスマッチ2日目も 大いに盛り上がる!

昨日に引き続き好天に恵まれた中、クラスマッチ2日目が行われました。今日、実施したのは、バレーボール、卓球、クラス対抗リレー。2日目も、プレイに応援にと1日大いに盛り上がり、そして楽しみました。

クラスマッチ1日目 大いに盛り上がる!

クラスの団結と融和を図ることなどを目的として、恒例のクラスマッチが始まりました。今日、実施したのは、バスケットボール、バトミントン、ソフトボール。クラス毎に思い思いのユニフォームを作り、例年よりも涼しい天候のもと、プレイに応援にと1日大いに盛り上がり、そして楽しみました。明日は、バレーボール、卓球、リレーが行われます。

夏の各種大会へ向けて壮行式を行いました

7月4日、インターハイ等各種大会の壮行式を行い、出場する仲間へエールを送りました。

【陸上競技部】 全国高等学校総合体育大会 棒高跳 3年青山友祐くん
【硬式野球部】 第101回全国高等学校野球選手権山形大会
【放送部】 第66回NHK杯全国高校放送コンテスト 3年加藤輝(ひかる)くん
第43回全国高等学校総合文化祭放送部門 3年酒井華(はる)さん
【水泳愛好会】 第67回東北高等学校水泳競技大会 200m背泳ぎ:3年笹原峻(りょう)くん 50m自由形:1年井上大地くん
【吹奏楽部】  全日本吹奏楽コンクール 第58回山形県大会最北地区大会

中嶋生徒会長等の激励に続き、バレーボール部、ソフトボール部、バドミントン部による有志応援、応援団のエール、各部の決意表明、吹奏楽部によるコンクール演奏曲の披露を行いました。本年度、東桜学館は部活動でも大きな成果を収めています。これから行われる夏の各種大会においても各部の活躍を期待しましょう!

1年次 家庭基礎「弁護士による消費生活法律授業」を実施しました

 

 

 

 

 

 

6月6日(水)、1年次生を対象に県弁護士会所属の及川善大弁護士(及川法律事務所)を講師に「弁護士による消費生活法律授業」を実施しました。

これは、山形県くらし安心課が県弁護士会と連携し、2022年4月から成年年齢を18歳に引き下げる改正民法の施行が予定されており、若者の消費者被害の未然防止を図ることを目的に開催している事業です。

1年次「家庭基礎」の経済領域との関連で、以下のような内容を学習しました。

①日常生活における「契約」とは? ②ネットでの買い物、便利だよね! ③未成年だから問題なし? ④甘い言葉に裏がある! ⑤まとめ~これからの生活で気をつけること

 

 

 

 

 

 

【生徒の感想から】

・契約をした際にどのような保護を受けられるのか知識を身に付けておく必要があると感じました。具体例があり、分かりやすかったので同じようにならないようによく吟味して契約を結ぶようにしていきたいです。契約において未成年と成年の違いも理解できたので落ち着いて対応していきたいと思います。

・今回の授業は、私たちの身近にある危険な事例や今までの学習を盛り込んだ内容で説得力もあって分かりやすく、だからこそ、それらの詐欺による被害の恐ろしさを知りました。気を付けたいと一言で言っても実際できるか心配です。ですので、もう少し調べててみて心の準備くらいはしてみたいと思います。自分の身内にもそれを言ってみます。

・今後自立することを考えると自分の責任で契約することが増えていくと思う。その中であやしい情報に対して不信感を持ったり、危ないと思ったときに行動するということが必要になってくる。また、今と数年後で法律も変わってくるので確認する必要がある。

・あやしい「お金がもらえる」という誘いは危険なものだと再確認することができた。そして、「荷物」と言われて犯罪に巻き込まれないように気をつけていきたい。他にも十代の人がどのような事件に巻き込まれやすいのか知りたいと思った。

 

 

令和元年度県立東桜学館高等学校公開授業研究会のご案内

標記の公開授業研究会を下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。

1 テーマ  新しい学習指導要領を意識した、ICTを活用しての「主体的・対話的で深い学び」の試み
2 日 時  令和元年7月8日(月)13時45分より受付
3 場 所  山形県立東桜学館高等学校(山形県東根市中央一丁目7番1号)
TEL:0237-53-1542 FAX:0237-53-1552
4 対象者  教員および教育関係者
5 日 程  13:45-14:15 一般参加者受付
14:15-15:10 公開授業(55分)
数学科…3年次1・2組「数学Ⅲ」及び「数学探究A」
(2クラスを3展開で実施:内容は未定)
3年1組教室     天野 信之 教諭(数学Ⅲ)
3年2組教室     吉田 大治 教諭(数学Ⅲ)
南棟4階多目的教室西 寒河江 玲 教諭(数学探究A)
保健体育科…1年次4組 「保健」
(単元名「現代社会と健康」の心肺蘇生法)
大講義室       矢口 智絵 教諭
15:20-16:00 事後研究会(分科会形式)(40分)
助 言 者…数学:山形県立北村山高等学校    吉田  健 教頭
保健:山形県立新庄北高等学校定時制 山口 欣也 教頭
6 参加申込方法等
①別紙(FAX送信票)をコピーしてFAXにてお申し込みください。また、メールの場合は、skanekot@pref-yamagata.ed.jpに必要事項を御記入の上お申し込みください。
②締め切りは令和元年6月24日(月)といたします。
③駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関での御来場に御協力ください。

R1公開授業研究会案内(PDF形式)

Fax送信票(Excel形式)

Fax送信票(PDF形式)