陸上競技

2020東北高等学校新人陸上競技選手権大会に参加してきました
去る10/2(金)~4(日)の3日間にわたって、岩手県北上市で開催された東北高等学校新人陸上競技大会に参加してきました。
本校からは男子800mに選手1名、そして、そのサポート選手1名の2名で大会に臨みました。9月中旬に終了した県高校新人後も、短時間ではありましたが継続的に練習を行い、大会に備えてきました。大会直前1週間の練習でも順調な仕上がりを見せ、更に、現地入り後10/3(土)の最終調整練習でも良い調子をキープしたタイムと仕上がりで、臆することなく大会当日を迎えられました。
予選レース1週目は、我々が予想した以上にスローペースの展開となり、2周目の展開次第では自己ベスト更新など、練習の成果が狙えるかと思いましたが、2周目の急激なペースアップによりラスト200mから振り切られ、力の差を痛感する結果となりました。
レース後、選手・顧問で今回のレース展開と今の課題の振り返り、今冬のトレーニングを経た後の更なるレベルアップを目指そうと話し合いました。自分が思い描いたレース展開にならなくても動じずに、自分の力を発揮できる速さと強さが求められた今大会でした。
なお、非常におそくなりましたが、令和2年度山形県高等学校新人陸上競技大会の結果はこちらをご覧ください。

第25回東北高等学校新人陸上競技選手権大会  10/4(日)  曇 / 北上総合運動公園 北上陸上競技場

男子800m 予選3組 8着  大沼 樹希斗 2:01.10