カテゴリー: 東桜日記

【中学校保護者の皆様へ】学館だより第172号発行

本日、東桜学館中だより第172号を配付いたしましたので、ご覧ください。

いのちの学習(中2編)

2月15日(木)、本校大講義室において中学2年生を対象に「いのちの学習」を実施しました。

講師に後藤敬子さん(酒田市健康福祉部健康課母子保健コーディネーター)をお招きし、「輝けいのち~かけがえのない君たちへ~」と題し、お話いただきました。

平成29年度 山形県立東桜学館中学校・高等学校 第2回 PTA評議員会

平成30年2月13日(火)、本校において平成29年度 山形県立東桜学館中学校・高等学校 第2回 PTA評議員会が開催されました。

(1) 高等学校・中学校 合同評議員会

1 開会挨拶              [ 青 柳 正 則 副会長 ]

2 会長挨拶              [ 河 村   豊 会 長 ]

3 校長挨拶              [ 官     宏 校 長 ]

4 議長選出              [ 氏 井 由 隆 第3年次委員長 ]

5 協議事項

1) 平成29年度 事業経過報告    [ 事 務 局 ]

2) 平成29年度 決算見込報告    [ 事務部長 ]

3) 平成30年度 事業計画(案)    [ 事 務 局 ]

◦ 携帯メール連絡網システム

◦ 全国高等学校PTA連合会賠償責任保証制度

◦ 外部模擬試験等への対応に伴う傷害保険加入

◦ 山形県PTA連合会安全互助会傷害・賠償補償制度

◦ そ の 他

4)  そ の 他

6 そ の 他

◦ 平成30年度 PTA主要行事予定

 

7 閉会挨拶              [ 澤   和 彦 副会長 ]

 

(2)高等学校・中学校 評議員会

(3)各年次・各学年 評議員会

「自治会」から「生徒会」へと

これまで「自治会」と称し、自治会長をはじめ各リーダーを互選により決定し、生徒主体の自治活動を展開してきました。

いよいよ4月から3年目を迎えるにあたり、「生徒会」へ改名するとともに、生徒会長はじめ各種委員長等を選挙により選出し、より活発な自治活動となるよう進化していきます。生徒会役員選挙の告示を受け、現在、多くの生徒が立候補し、各立候補者が具体的な公約を示し、積極的な選挙活動が展開されています。いよいよ明日が立会演説会、投票日となります。

学館オリジナル給食 第2弾1A編

毎年、中1技術・家庭科家庭分野の学習において、栄養バランスのよい食事について学習しています。

この学習で「栄養バランスのよい給食メニュー」を具体的に考案し、代表メニューを給食の献立と採用し、生徒に提供しています。

本校の自校方式による給食提供システムとコラボさせた企画です。

下は、2月7日(水)の1年A組代表給食メニューが提供され、みんなで美味しくいただきました。

夢☆コンパス 2/5 実施

2月5日(月)6校時、大講義室において中学1・2年生を対象に、夢☆コンパスを実施しました。

ふくしま学びのネットワーク理事・事務局長の前川直哉氏を講師にお招きし、講演していただきました。

生徒一人ひとりが学ぶ意義について知り、毎日の学びへの心構えについて見つめ直す機会となりました。

除雪ボランティアを行いました

 

 

 

 

 

 

2月3,4日に「ちょびっと除雪ボランティア」活動を市内3箇所で行いました。

この活動は、ボランティア委員会が部活動単位での除雪ボランティアを呼びかけ、東根市社会福祉協議会の協力を得て、市内の除雪が必要な施設や高齢者宅の除雪を行うものです。

3日(土)は女子バレーボール部と写真新聞部の22名が福祉施設と高齢者宅に分かれて、4日(日)は茶道部9名がさくらんぼ東根駅前の除雪を行いました。駅前は融雪道路になっていますが、ポストの周囲や歩道の邪魔になっている積雪を片付ける作業です。今回ボランティアに参加した生徒たちは「地域の人のために私たちが役に立てると思うと嬉しい。」と語っていました。2月11日、24日にも活動する予定です。

「いのちの学習」(中1編)実施

2月1日(木)、本校大講義室において中学1年生を対象に「いのちの学習」を実施しました。

さとこ女性クリニック(山形市)の井上聡子先生を講師としてお招きし、『かけがえのない命~みんなこうして生まれてきた~』をテーマにご講演いただきました。

中学2年生を対象とする「いのちの学習」は、15日(木)に実施する予定です。

北村山地区子ども美術展 巡回展開催

北村山地区子ども美術展に出品された作品が、各中学校を巡回しており、このたび本校交流ホールへ展示しました。

本校生徒の作品も展示しました。

 

第65回百人一首かるた大会を開催しました!

 

 

 

 

 

 

 

1月18日(木)、本校北アリーナを会場に、中高合同行事「第65回百人一首かるた大会」が開催されました。

生徒会長の力強い太鼓の音を合図に開会式が始まりました。実行委員長から「歴史と伝統を受け継ぎながら、その時代に応じて形を変えて実施されてきた行事です。小倉百人一首の素晴らしさを味わいながら、文化的なクラスマッチを全員で盛り上げましょう。楽しく、熱く闘いましょう。」と挨拶があり、次に詠み手が紹介されました。詠み手を務めるのは放送部員5名で、十二単風の着物姿で会場の雰囲気を盛り上げ、さらに、中学生代表と高校生代表による選手宣誓が行われ、東桜学館として2回目の大会がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学1・2年、高校1・2年次の各クラス4チームと職員1チームが参加し、69チームが5つのブロック(古今集・後撰集・拾遺集・金葉集・詞花集)のトーナメントで覇を競いました。

例年1回戦は、下の句まで聞かないと手がだせない生徒も多い中、今大会は1回戦から上の句で札を取る音が響く熱い闘いとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックごとの順位は次のとおりです。(A~Cは中学校クラス名、1~6は高校クラス名)

そして、総合優勝は「昨年の悔しさから頑張って練習してきました」という中学2年A組という結果でした。

1位   2位  3位
古今集ブロック 2年C組 2年A組 2年3組

2年4組

後撰集ブロック 2年4組 2年2組 2年3組

2年5組

拾遺集ブロック 2年4組 2年1組 2年3組

2年A組

金葉集ブロック 2年2組 2年A組 2年1組

2年C組

詞花集ブロック 2年1組 2年A組 1年2組

1年C組

総 合 2年A組 2年4組 2年1組