カテゴリー: 東桜日記

東北六県英語弁論大会 森ありささん(2年次)が3位入賞!

11月15日に仙台で行われた東北六県の高等学校英語弁論大会に、県大会で1位と2位を受賞した深瀬美希さんと森ありささんが出場してきました。森ありささんが3位を受賞し、山形県勢としては久しぶりに入賞することができました。各県から1位と2位だけが出場する大会だけに、非常に高いレベルの英語スピーチの中での受賞でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Here I Am, Again”

MORI Arisa from Touohgakkan S. H. S.

“Isn’t it unfair for a ‘haafu’ student to participate in an English Speech Contest?”

That’s what I heard myself when I took part in an English Recitation Contest. The moment I heard the voice, all the efforts I had made suddenly turned to dust, and I regretted being there. As you know, ‘haafu’ means biracial and I am one.

My father is a Pakistani who speaks Urdu, the national language of Pakistan, and Japanese. The only language we can communicate in is Japanese. I’ve never been to other countries, not to mention Pakistan. How can it be unfair for me to study English and participate in an English Recitation Contest?

My older sister, on the other hand, has been to Pakistan once, and she told me she had been called ‘a foreigner’ there. Sure enough, we are regarded as “foreign” no matter where we are, and we often wonder who we are. Such identity questions often occur in biracial youth in Japan, and the prejudice hurts us more often than you can imagine. Nevertheless, the attitudes of pure Japanese sometimes confuse me.

Some Japanese are racial purists. For example, Hachimura Rui, Osaka Naomi, and other athletes are mostly admired, but at the same time, it is certain that there are many Japanese people who feel it strange to accept them as Japanese. In fact, many people tweeted they are not Japanese, mainly because they look like foreigners.

On the other hand, other Japanese long for biracial people. This early summer, an advertisement of a kimono shop, Ginza Iseyoshi, was inundated with complaints on the Internet. The poster had a sales copy that read “For those who want to give birth to ‘haafu’ children.” Surprisingly, the copy writer, SHIMIZU Masako, was awarded a new face award for this sales copy by Tokyo Copy Writers Club. The owner of Iseyoshi is also a woman. The two women agreed on the disgusting copy, and the copy writers association awarded it.

This copy insults Japanese parents with biracial children, like my mother, because it implies that they gave birth for their desire to have a biracial child, not as a result of love. This copy insults the parents in Japan who have other cultural backgrounds, like my father, because it implies they can be seduced easily with kimono. This copy insults Japanese women, like you in this hall, because it implies they use Japanese culture to seduce foreign guys. Finally, this copy insults ‘haafu’ in Japan, like me, because it implies we were born by our mothers seducing foreign men with the desire to have a biracial child.

The adoration for international marriage among Japanese people should be looked at with caution. According to a recent survey conducted by the Ministry of Health, Labor and Welfare, the divorce rate of Japanese couples was about 30%, while the one of international marriages was about 60%. This clearly shows how difficult it is to make a happy marriage last regardless of cultural differences.

Now, it is easy for me to understand why my parents had trouble getting married. I’ve heard my grandmother was strongly against the marriage of my parents. It was less common than now for Japanese women to get married to foreign men, especially in rural areas like my hometown. Many people around my parents often shot a skeptical look at my parents. Some people even expressed nasty words to them. All the same, despite the hardships of international marriage, my parents always look happy.   Isn’t it amazing? So I asked her why she could get over her hardship. She just smiled and said, “Because I love him.” Just that! If you love someone, it doesn’t matter where he or she was born.

All of this led me to this stage. The irrational adoration or prejudice of Japanese can bring misery, but true desire to know others and love for others can bring happiness.

Now I don’t care if you think it unfair for me to make a speech here. I have something to say to you and I am here. Listen without prejudice, and look at others without wearing colored glasses.

Thank you for listening.

薬物乱用防止教室

11月12日、中学校2年生を対象に薬物乱用防止教室を実施しました。

チーム「薬らん防」、東根さくらんぼライオンズクラブ、しろみず会の皆さんの協力を得て、村山警察署生活安全課 本多麻衣子氏を講師に「薬物の恐ろしさ」について学習しました。

「ルールを守る心が自分を守る!最後に自分を守るのは自分」という言葉を忘れずに、責任ある行動をとっていきます。

保健委員会 健康まつり

11月6日~11月8日の3日間、昼休みを使って中学校保健委員会による「健康まつり」が行われました。

内容は「いい歯の日」にちなんで「歯に関すること」。そして、本校の健康課題でもある「視力低下予防に関すること」です。各学年の保健委員が、工夫を凝らして健康の大切さを呼びかけました。詳しい様子は「在校生の皆さまへ」→「中学校各学年」のページに掲載しておりますのでご覧ください。

 

いい歯の日

11月8日は「いい歯の日」。中学校では、保健委員会で「健康まつり」を行いました。

給食も「いい歯の日メニュー」で、丈夫な歯を維持するために栄養バランスのとれた献立となっております。特に「ししゃもの南部揚げ」は、カリッカリと歯ごたえも楽しめる1品でした。

本校は、今年「よい歯の学校表彰」で「優良校」を受賞しました。「口は健康の入り口」と言われます。これからも、歯と口の健康づくりに取り組んでいきます。

 

第7回科学の甲子園ジュニア全国大会 山形県予選表彰式・強化研修会

11月4日と10日に山形大学で科学の甲子園ジュニア全国大会山形県強化研修会が行われ、中学校自然科学部を中心に14名が参加してきました。会の冒頭に表彰式が行われ、本校の1・2年生6名が優勝の盾を受け取りました。

研修会では、実験系と総合系の実技研修が行われ、生徒たちは真剣に取り組んでいました。選手は12月に茨城県つくば市で開催される全国大会に向けて、学校でも練習に励んでいます。

有機化学高校生講座2019山形大会(10/26)に参加してきました。

一般財団法人国際有機化学財団主催の『有機化学高校生講座』に高校1、2年次生合わせて12名が参加してきました。

山形県内の高校生合わせて70名以上が参加し、山形大学工学部を会場に開催されました。

次の4名の講師の先生方から、化学、中でも特に有機化学に特化したお話を聴いてきました。

プログラム

1.「これだけは知っておきたい有機化学の基礎」 講師 東京理科大学 教授 井上正之先生

2.「合成化学で機能を創る」 講師 東北大学理学部 教授 滝宮和男先生

3.「化学の目からがんを考える」 講師 大阪大学 教授 深瀬浩一先生

4.「国際周期表年を機に共有したい『一家に1枚周期表』に込めた思い」講師 京都大学 名誉教授 玉尾晧平先生

講師の先生方は、高校生にもわかりやすく話してくださり、生徒の化学への興味関心が深まる内容でした。

以下、参加した生徒の感想です。

・今回の講演を聞き、有機化学についてより深く学ぶことができた。特に印象に残っているのは2番目の講演で有機合成によってスマホの画面や太陽光発電などに応用されていることを知りとても驚いた。自分は山形大学高分子有機材料工学科を目指していて、この講座を通して化学にさらに興味を持ち、これから勉強に力を入れていこうと思った。また、化学によって私たちの生活は支えられていて化学の大切さを知ることができました。今後も普段の生活と化学をたまに結び付けて思い出してみようと思いました。今後もいただいた周期表を折にふれてみていきたいです。(2年)

・今回の講演から「化学」というジャンルでもさまざまな方向があるのだとわかりました。考え方が似ていてもどのようにして活用するのか、また需要によっても大きな違いが生じてくることに驚きました。講演の中での瀧宮先生がおっしゃった世界が求める「化学」のあり方が変化しているという言葉が特に印象に残りました。少し前までは人が最優先の考えが求めるものでしたが、近年は環境や資源への配慮も要求されるものが多くなり、研究者も物事への取り組み方を変えざる得ないため大変だと感じました。また、玉尾先生の講演から化学をより身近に感じるとともにアボガドロ定数のすごさを実感しました。今回のことから化学の興味がより一層湧き将来この道に進みたいと思いました。(2年)

 

 

 

 

 


一般財団法人国際有機化学財団へのリンク(各年度の講座内容についても載っています)

「ヤングアメリカンズin東桜学館」終了! 

2日目の活動がスタートしました。中学校3年生と高校1年次の全員が体育館に集まりましたが、2日目ということもあり、初日ほど緊張した表情は見られず、明るく活動する姿が多く見られました。午前中は夕方のステージに向け、昨日に引き続き3つのグループに分かれての動きのワークショップを行いました。午後は全員が集まってのリハーサル。そして、16:45からのステージに臨みました。第1幕はYAのメンバーのみでのステージ、そして第2幕はYAと本校生徒が一緒に行うステージ。250名を超える観客を前に、堂々としたパフォーマンスを展開してくれました。ステージを観た保護者や生徒からは盛大な拍手が送られました。すばらしいステージをありがとう!

2日間にわたる「ヤングアメリカンズin東桜学館」は終了です。今回、21のご家庭にヤングアメリカンズホストファミリーを引き受けていただきました。本当にありがとうございました。

「ヤングアメリカンズin東桜学館」第1日 

いよいよ「ヤングアメリカンズin東桜学館」のワークショップが始まりました。中学3年生と高校1年次生全員が10時に体育館に集まり、YAのメンバーとの対面を行いました。YAの明るさとテンションの高さ、歌の上手さ、ダンスの凄さに驚いた生徒が多かったように思います。その後、3つのグループに分かれての歌のワークショップと最後のショーに向けたパフォーマンスのワークショップに取り組みました。最初は緊張と不安な表情が見られた生徒たちでしたが、午前より午後、そして夕方と表情や歌声、行動の変化に驚きました。今日の夕方、どんなショーが観られるかとても楽しみで、ワクワクします。

 

「ヤングアメリカンズin東桜学館」スタート! 

本日10月29日(火)~30日(水)の2日間でインターナショナルミュージックアウトリーチ「ヤングアメリカンズin東桜学館」が開催されます。(被災地支援の東北プロジェクトを除くと、公立の中学校での実施は東京の千代田区立麹町中学校に次いで2校目の実施。)この取り組みは、「異文化体験を通じて、自己を開示し、自己と他者を尊重し肯定的に理解する態度と、何事にも積極的に挑戦する姿勢を育むこと」をねらいとし、A-Systems株式会社様、商業界さくらんぼひがしね同友会様からの協賛をいただいて実施します。参加対象は東桜学館高等学校1年次生と東桜学館中学校3年生です。

昨日28日には「ヤングアメリカンズ」(YA)のメンバーが来校し、18:50から本校会議室で、ホームステイ家庭との引き合わせの会が行われました。ホームステイ家庭の名前とYAの名前が読みあげられる度に、互いに手を振り、温かい雰囲気につつまれました。これから始まるこの活動で、YAとのどんな出会いがあるか、2日間どんなワークショップがおこなわれるか、そして30日にどんなショーが観られるかとても楽しみです。

【ヤングアメリカンズとは】

米国教育団体「ヤングアメリカンズ」が1992年より始めた教育プログラム「インターナショナル・ミュージックアウトリーチ」プログラムをベースとして、アメリカ本部で教育を受けたヤングアメリカンズのメンバー約40名と共に、2日間で歌・ダンス・パフォーマンスのワークショップを行い、ショーを創り上げるもの。

【高校弓道部】地区秋季大会は中止、練成会となりました!

10月12日(土)、この日は地区秋季大会でしたが、台風19号の接近に伴い、大会は中止とし、東桜学館と新庄南高校さんとの練成会を村山市武道館弓道にて行いました。秋の審査会と県新人大会に向けた貴重な練成会となりました。