カテゴリー: お知らせ

有機化学高校生講座2019山形大会(10/26)に参加してきました。

一般財団法人国際有機化学財団主催の『有機化学高校生講座』に高校1、2年次生合わせて12名が参加してきました。

山形県内の高校生合わせて70名以上が参加し、山形大学工学部を会場に開催されました。

次の4名の講師の先生方から、化学、中でも特に有機化学に特化したお話を聴いてきました。

プログラム

1.「これだけは知っておきたい有機化学の基礎」 講師 東京理科大学 教授 井上正之先生

2.「合成化学で機能を創る」 講師 東北大学理学部 教授 滝宮和男先生

3.「化学の目からがんを考える」 講師 大阪大学 教授 深瀬浩一先生

4.「国際周期表年を機に共有したい『一家に1枚周期表』に込めた思い」講師 京都大学 名誉教授 玉尾晧平先生

講師の先生方は、高校生にもわかりやすく話してくださり、生徒の化学への興味関心が深まる内容でした。

以下、参加した生徒の感想です。

・今回の講演を聞き、有機化学についてより深く学ぶことができた。特に印象に残っているのは2番目の講演で有機合成によってスマホの画面や太陽光発電などに応用されていることを知りとても驚いた。自分は山形大学高分子有機材料工学科を目指していて、この講座を通して化学にさらに興味を持ち、これから勉強に力を入れていこうと思った。また、化学によって私たちの生活は支えられていて化学の大切さを知ることができました。今後も普段の生活と化学をたまに結び付けて思い出してみようと思いました。今後もいただいた周期表を折にふれてみていきたいです。(2年)

・今回の講演から「化学」というジャンルでもさまざまな方向があるのだとわかりました。考え方が似ていてもどのようにして活用するのか、また需要によっても大きな違いが生じてくることに驚きました。講演の中での瀧宮先生がおっしゃった世界が求める「化学」のあり方が変化しているという言葉が特に印象に残りました。少し前までは人が最優先の考えが求めるものでしたが、近年は環境や資源への配慮も要求されるものが多くなり、研究者も物事への取り組み方を変えざる得ないため大変だと感じました。また、玉尾先生の講演から化学をより身近に感じるとともにアボガドロ定数のすごさを実感しました。今回のことから化学の興味がより一層湧き将来この道に進みたいと思いました。(2年)

 

 

 

 

 


一般財団法人国際有機化学財団へのリンク(各年度の講座内容についても載っています)

県高校生英語ディベート大会 1位と3位を獲得、全国へ!

11月1日(金)に、青年の家にて第5回山形県高校生英語ディベート大会が行われました。論題は”The Japanese government should limit the weekly maximum average working hours, including overtime, to 48 hours”で、これまでの日本人の働き方と現状の働き方改革に対し、E.U.の基準に合わせるべきか否か、を英語で議論しました。山形東、山形西、山形南をはじめとする県内14校21チームが参戦したトーナメントの結果、東桜学館Aチームが優勝、Bチームが3位になりました。2位の酒田東高校Aチームと共に、12月に群馬県で開催される全国大会に出場します。

【山岳部】御所山に登りました!

【山岳部】御所山に登りました!詳しくはこちらをどうぞ!

【高校男子バスケットボール部】地区新人大会に出場してきました

詳細結果は部活動のページでご覧ください。

「ヤングアメリカンズin東桜学館」終了! 

2日目の活動がスタートしました。中学校3年生と高校1年次の全員が体育館に集まりましたが、2日目ということもあり、初日ほど緊張した表情は見られず、明るく活動する姿が多く見られました。午前中は夕方のステージに向け、昨日に引き続き3つのグループに分かれての動きのワークショップを行いました。午後は全員が集まってのリハーサル。そして、16:45からのステージに臨みました。第1幕はYAのメンバーのみでのステージ、そして第2幕はYAと本校生徒が一緒に行うステージ。250名を超える観客を前に、堂々としたパフォーマンスを展開してくれました。ステージを観た保護者や生徒からは盛大な拍手が送られました。すばらしいステージをありがとう!

2日間にわたる「ヤングアメリカンズin東桜学館」は終了です。今回、21のご家庭にヤングアメリカンズホストファミリーを引き受けていただきました。本当にありがとうございました。

「ヤングアメリカンズin東桜学館」第1日 

いよいよ「ヤングアメリカンズin東桜学館」のワークショップが始まりました。中学3年生と高校1年次生全員が10時に体育館に集まり、YAのメンバーとの対面を行いました。YAの明るさとテンションの高さ、歌の上手さ、ダンスの凄さに驚いた生徒が多かったように思います。その後、3つのグループに分かれての歌のワークショップと最後のショーに向けたパフォーマンスのワークショップに取り組みました。最初は緊張と不安な表情が見られた生徒たちでしたが、午前より午後、そして夕方と表情や歌声、行動の変化に驚きました。今日の夕方、どんなショーが観られるかとても楽しみで、ワクワクします。

 

「ヤングアメリカンズin東桜学館」スタート! 

本日10月29日(火)~30日(水)の2日間でインターナショナルミュージックアウトリーチ「ヤングアメリカンズin東桜学館」が開催されます。(被災地支援の東北プロジェクトを除くと、公立の中学校での実施は東京の千代田区立麹町中学校に次いで2校目の実施。)この取り組みは、「異文化体験を通じて、自己を開示し、自己と他者を尊重し肯定的に理解する態度と、何事にも積極的に挑戦する姿勢を育むこと」をねらいとし、A-Systems株式会社様、商業界さくらんぼひがしね同友会様からの協賛をいただいて実施します。参加対象は東桜学館高等学校1年次生と東桜学館中学校3年生です。

昨日28日には「ヤングアメリカンズ」(YA)のメンバーが来校し、18:50から本校会議室で、ホームステイ家庭との引き合わせの会が行われました。ホームステイ家庭の名前とYAの名前が読みあげられる度に、互いに手を振り、温かい雰囲気につつまれました。これから始まるこの活動で、YAとのどんな出会いがあるか、2日間どんなワークショップがおこなわれるか、そして30日にどんなショーが観られるかとても楽しみです。

【ヤングアメリカンズとは】

米国教育団体「ヤングアメリカンズ」が1992年より始めた教育プログラム「インターナショナル・ミュージックアウトリーチ」プログラムをベースとして、アメリカ本部で教育を受けたヤングアメリカンズのメンバー約40名と共に、2日間で歌・ダンス・パフォーマンスのワークショップを行い、ショーを創り上げるもの。

【山岳部】瀧山に登りました。

【山岳部】瀧山に登りました。詳細はこちらをどうぞ!

ペットボトルキャップ回収実施!

9月25日(水)から27日(金)の3日間で、中学校生徒会ボランティア委員会による「ペットボトルのキャップ回収」を行いました。3日間で62名の協力があり、たくさんのキャップが集まりました。回収できたキャップは、山形銀行グループを通して、リサイクル業者に送られ、リサイクルを経て「NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」へと送られます。そして、ポリオをはじめとするワクチンとして、世界の子どもたちに届けられます。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。これからも色々なボランティア活動を展開してまいります。

第6回東大金曜講座

10月18日金曜日の17時半より、高校1年次生23名が参加して東大金曜講座を視聴しました。今回は東京大学 先端科学技術研究センター准教授の谷内江 望先生が「DNAレコーディング生物学」と題して講義をしてくださいました。DNAの役割や構造、改編とその生物内記録といった最先端の生物工学と、今後の生物学の在り方についての刺激的な内容でした。

【生徒の感想からの抜粋(敬称は男女ともにさん)】

今やっている生物基礎を深く学べて面白かった。東大で開発している新しいゲノム編集や細胞のレコーディングについても新たに知ることができた。ただ、生物学の発展のために必要なことだとはわかっているが、正直、生物学のように人工のモデル生物を生み出すというのは罪悪感を覚えた。(N.Y.さん)

生物で学んだDNAの転写や翻訳だけでなく、これまで研究されてきた生物学の問題点や実験の繰り返しをロボットによって自動化するべきなど、様々なことを知ることができた。次の世代に生物学をジャンプアップさせるための挑戦を知ることもできた。(M. S.さん)