カテゴリー: お知らせ

【高校3年次生へ】3年次のページを更新しました。(3年次だより・国語科通信)

3年次のページに「3年次だより第2号」および「国語科通信」№71~№84 を掲載しました。

中学校 カウンセリングのご案内

今年度も、中学校に2人のスクールカウンセラーが配置されました。今年度のカウンセリング日程(カウンセラー来校日)を配布しましたので、希望がありましたらお知らせください。

日程(相談申し込み用紙付き)は、「在校生の皆さまへ」→「中学校各学年」のページにも掲載しております。

給食が始まりました!

本日、5月25日(月)より、学校生活が本格的に再開し、午前午後合わせて6時間の授業が始まりました。それに伴い、今年度の給食がスタートしました。しばらくは、新型コロナウイルス感染症対策として、食事前の手洗いを徹底し、食事の際は机を向かい合わせにはせず、また、咳エチケットのための「ハンカチ」も机上に用意しての給食になります。

1年生にとっては中学校での初めての給食でしたが、配膳も、当番を中心に協力してスムーズに準備ができ、大変おいしい給食をいただきました。

県高体連各競技専門部長からの激励メッセージ

この度、県高校総体の中止に伴い、高体連専門委員長から

生徒に対し大変心強いメッセージが届いております。

是非ご覧ください。

この新型コロナウイルスの災害をみんなの力で

乗り越えていきましょう。

なお、このメッセージについては、高校1年次から3年次

までの、学年ホワイトボードにも掲示いたします。

 

【高等学校】メッセージ

保健関係お便り配布しました

保健関係お便り3枚配布しました(中学生)


  1. 「健康観察カード」・・・来週から新様式を使ってください。
  2. 「学校感染症による出席停止の手続きについて」・・・一部変更になりましたので、新しい用紙を配布しました。「在校生の皆さまへ」→「中学校各学年」にも掲載しています。
  3. 「保健便り5月22日号」・・・中学2年生には、本日(5/22)オンライン終わりの会で、「ロイロノート」で送付します。紙ベースのお便りは月曜日に配布します。「在校生の皆さまへ」→「中学校各学年」にも掲載しています。

1学年オンライン朝の会2回目実施

本日、5月21日(木)の9時から、1学年が今週2回目のオンラインでの朝の会を行いました。2回目ということで、「ロイロノート」の活用にも慣れ、前回よりも短時間で担任とのコミュニケーションを図ることができたようです。
明日は登校しての午前授業ですが、来週5/25(月)からは給食と午後の授業も開始します。いよいよ本格的な学校生活の再開です!

 

「東桜コンピテンシー2019」①ビジョン~その10~について(校長より)

「東桜コンピテンシー2019」の9つの内容について、校長として生徒諸君に伝えたいことを記した22回目です。

内容は、始業式や終業式などで話していることを詳しくしたものなどです。また、これまでの内容は、「学校紹介」の「校長挨拶」のページでご覧いただけます。

今回は、「①ビジョン〜その10~」についてです。

R02 東桜コンピテンシー2019【①ビジョン〜その10~】

2000年から行われているOECD(経済協力開発機構)のPISA(国際学習到達度調査)では、各国の学力を比較するための理論的な根拠として「キー・コンピテンシー(主要能力)」という概念が定義されています。近年、日本でも、学習内容(コンテンツ)だけでなく、それを学ぶことで「何ができるようになるか(資質・能力)」(コンピテンシー)があらためて重視されてきています。
このことをふまえて、東桜学館でも、生徒諸君に身につけてほしい資質や能力などを「東桜コンピテンシー2019」として、次の9つあげています。
「高い志」
①ビジョン ②想像力 ③実行力
「創造的知性」
④論理的思考力 ⑤批判的思考力 ⑥創造力
「豊かな人間性」
⑦判断力 ⑧傾聴力・表現力・発信力 ⑨自己効力感

《参考》本校のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業 において生徒に身につけてほしい3つの力と2つの態度
「高い志」
◎未来への責任に関する態度
「創造的知性」
◎探究する力 ◎科学的思考力
「豊かな人間性」
◎他者を理解し協働する力 ◎地域への貢献に関する態度


※(参考)OECDにおけるキー・コンピテンシーの3つのカテゴリー
①社会・文化的、技術的ツールを相互作用的に活用する能力(個人と社会との相互関係)
②多様な社会グループにおける人間関係の形成能力(自己と他者との相互関係)
③自律的に行動する能力(個人の自律性と主体性)

新型コロナウィルスからみんなを守るメッセージ【中3】

先日に続き、保健委員長からの呼びかけに、たくさんのメッセージが集まりました。中学校は来週から時差通学で毎日登校になりますが、感染症対策を緩めることなく、みんなで気をつけていきましょう。

↓オンライン朝の会でのメッセージ(中学校保健委員長より)

↓中学3年生から、オンラインでのメッセージ

オンライン授業を行いました!④

今日は、2年生と3年生がオンラインでの授業を実施しました。

2年生は、朝の会に続き、学級活動を行いました。今回の学級活動は、先週に引き続き、学級のスローガンつくりを行いました。「オンラインで活発な意見が出せた」「3人グループでの活発な話し合いができた」「みんながどう考えているのか共有できてよかった」という意見が多く出ました。ロイロノートでの意見交流にもだいぶ慣れてきてスムーズに意見交換ができたようです。22日(金)は1日を通した、教科のオンライン授業の2回目が行われます。

3年生は朝の会に続き、国語の授業を行いました。今回は、谷川俊太郎の詩歌「二十億光年の孤独」を使い、それぞれが「この詩は○○な詩だ」の「○○」に言葉を当てはめて、根拠や理由を付けて報告し、共有する授業を行いました。前回の理科の授業を受けて、今回は報告画面を全員が見られるように、また個人間で質問し合えるようにしました。授業後には、「他の人の考えを見ることで、自分の考えを深めることができた」「同じところに注目しているのに、正反対の考えになっているものがあって、なぜだろうと自分の考えを深く考えることができた」などの生徒の感想が寄せられました。自分の考えを表現する機会を楽しむような感想が多く、普段の授業の繋がりの大切さを実感することができたようです。

 

 

生徒制作動画「コロナに一言申します」がYBC(山形放送)で放送されました

5月20日、YBC山形放送の夕方のニュースeveryで、高校1年次の有志生徒が制作した動画「高校生のつぶやき~コロナに一言申します~」を取り上げていただきました。

この臨時休業中に中高生もさまざまなことを感じ、考え、さらに実際に行動に移す生徒が出てきております。
東桜学館では課題研究「未来創造プロジェクト」をはじめ、さまざまな探究型の学習に取り組む中で、自分なりの問いを立て、課題解決に取り組む力を育成しています。子供たちが未来をどのように創造していこうとするのか、今後ともサポートしてまいります。

 

4月28日に公開した内容をあらためて掲載します。

高校1年次の生徒たちは、この休校期間、有志で「自分たちに何かできないか」を考えてそれぞれ活動してきました。マスクを制作した生徒、安価で手軽に作れる消毒薬の実験をした生徒、仲間に笑いを提供しようとオンライントークライブを企画した生徒、大学の先生や海外の人と意見交換した生徒、さまざまです。その中で、6名の有志で集まり、意見交換をしながら制作した動画が完成しましたので、公開いたします。どうぞご覧ください。

「高校生のつぶやき~コロナに一言申します~」

追記 HPのため、画質を落としてお送りしています。