カテゴリー: お知らせ

やましん紙上歌会で最優秀賞を受賞しました!

第5回「U-39やましん紙上歌会」(山形新聞主催)において、高校1年 小関菜々華さんの作品が最優秀賞に輝きました。

歌人斎藤茂吉と同郷に住む山形の若い世代に、短歌を通して日本語の美しさや言葉の持つ力を再発見してもらおうと開催されているこの歌会では、本校から数多くの生徒が入賞しました。

【最優秀賞・高校の部】

テスト・模試文理選択志望校見あたらないな私の青春 小関菜々華さん

※《評》については、下の山形新聞(11月3日)の記事をご覧ください。

【優秀賞・中学校の部】

自己ベスト聞き合い集う招集所目標定め結ぶ靴ひも 松本諒哉さん

《評》招集所で仲間やライバルと会ったのでしょうか。「目標定め結ぶ靴ひも」というくっきりした表現に、意欲と緊張感が満ちています。

【佳作・高校の部】

うららかな陽のほころびに背を向けて太宰読むきみ死角の寝癖 大類環さん

《評》「陽のほころび」「背を向けて」「死角」「寝癖」など、太宰治の文学のイメージによく似合います。

【入選・中学校の部】

東京五輪スケボー見た僕やってみた心はナイジャヤクルトジャンパー 高橋善寿さん
二年ぶり友とかわした「久しぶり」未だコロナ禍接種会場 和田小紋さん
無意識に点P見つける上を見て空の白い一次関数 岡田真実さん
海と空水縹色(みはなだいろ)の思い出に映るは白いTシャツの君 柿崎汐里さん
背の高い君の隣に並ぶたびかかとが上がる目を合わせたくて 大山弓月さん
一立目つがえた羽に想い込め凪ぐ道場に広がる弦音  土田美桜さん
深呼吸見慣れた楽譜一音目ライトに照らされ歌うサックス 半田優花さん
秋風に乗って逃げてく菅総理総裁選の自民は不信 昌浦伸樹さん
青々と茂る稲穂に赤とんぼ収穫待ちの汗だくの父 平夏美さん
密を避け孤独な長距離走り抜け聞こえぬ声援心に届く 奈良部日向さん

【入選・高校の部】

手についた黒鉛薫る午前2時もう一問と鈴虫の声 石原みのりさん
夏になり玄関からはゴロゴロと丸いスイカが転がってくる 西村梨里花さん
校庭に並び置かれし十一のグラブに降った夕立の雨 尾崎楓華さん
夢描く平和の祭典オリンピック未来の自分は何者だろう 宇野綾人さん
夕方の椋鳥騒ぐ帰り道群れ見上げつつ自転車で行く 中野杏莉さん
コンクール金賞目指し五階から奏でて見るは虹の五線譜 土田幸奈さん
的めがけ放った一射風を切る夏空の下弦音は響く 柿崎裕太郎さん
青だけがどんどんなくなるボールペン直しの数だけ広がる未来 鈴木陵介さん

中学校弓道部HP「10月活動報告」更新しました。

中学校弓道部HP「10月活動報告」更新しました。こちらからご覧ください

【山岳部】中3生歓迎登山を行いました。

【山岳部】中3生歓迎登山を行いました。詳細はこちらから!

高校1年次「山形のスペシャリストに聞くトップセミナー」を実施しました

10月28日(木)7時間目に県キャリア教育推進事業として、高校1年次生に向けて「山形のスペシャリストに聞くトップセミナー」を実施しました。この事業は県内の各分野において活躍するスペシャリストの講話により社会人としての意識を高め山形県の将来を担う高い志を持った人材育成を目的とした事業です。本年度は、NHK山形放送局アナウンサー 羽隅将一 氏を講師としてお招きし、「アナウンサーとして故郷に貢献したい」と題して、ご講演いただきました。講演は、アナウンサーという職業への志望動機やNHKの業務内容、放送中の失敗談、スタジオでの裏話などで大いに盛り上がり、終始和やかな雰囲気の講話となりました。また、「言葉の大切さ」についても語って頂き、特に「ヤバい」という言葉は、良くも悪しくも使われてしまうため、語彙力を低下させる原因になるという話は印象に残りました。さらに、羽隅さんが手掛けた番組には、山形等の過疎地域を「放送の力で元気にしたい」という思いが込められていることも知りました。この講話を聞いて、将来山形を元気づける気概のある生徒諸君が本校から輩出されることを願っています。

【放送部】県新人大会で6位以上5名入賞(東北大会出場)。来年度の全国高校総合文化祭へ3名出場決定!

11月2日(火)に、県生涯学習センター「遊学館」を会場に、県放送新人大会が開催されました。今年度は、新型コロナ感染症の影響で、6月の県大会に引き続いてのデータ審査となり、生徒は会場に行かず顧問のみが参集しての大会となりました。本校からは1年次生4名、2年次生9名がエントリーし、緊張感の中でこれまで部員一丸となって、練習してきました。

この大会で、アナウンス部門に出場した黒川桜さん(2年1組)が3位、吉田芽生さん(2年5組)が4位、梅津楓羽さん(1年1組)が6位となりました。また朗読部門に出場した高橋伶奈さん(2年4組)が2位、川井一くん(2年3組)が3位となり、5人は東北新人大会への出場を決めました。また、この大会は来年度の全国総合文化祭の県予選も兼ねていることから、3位以上となった黒川桜さん、高橋伶奈さん、川井一くんは、来年8月に東京都で開催される全国総合文化祭への出場権を獲得しました。なお、2位になった高橋伶奈さんは「県高文連賞」を受賞しました。

次の東北大会もデータ審査となっています。ライバルの姿が見えない中での大会となりますが、放送部全員で声を掛け合いながら練習を頑張っていきたいと思います。

高校1年次のページを更新しました

高校1年次のページに「1年次通信第11号」を掲載しました。

担任コラム第2回は2組今野先生です。

【在校生の皆さまへ】→【高校1年次】からご覧ください。

なお、パスワードが必要になります。パスワードがわからない場合は担任団までお知らせください。

『赤い羽根募金』に取り組みました!

10月20日(水)~22日(金)の3日間でボランティア委員会の呼びかけによる『赤い羽根募金』を実施し、たくさんの方から募金をしていただきました。ご協力いただいたお金については、増川ボランティア委員長と奥山副委員長が学校を代表して、10月28日(木)に東根市社会福祉協議会の森谷健事務局長さんにお渡ししました。たくさんの善意、ありがとうございました。赤い羽根共同募金で集まったお金は、子どもや障がい者、そして高齢者の支援や福祉活動に役立てられます。

高校陸上部のページを更新しました

高校陸上部のページを更新しました。10/29(金)に新庄北高校で開催された令和3年度最北地区スポーツリーダー講習会の報告です。是非、ご覧ください!!

ESS部 県英語ディベート大会で1・2位独占し全国へ!

10月29日(金)に行われた山形県高校生英語ディベート大会がオンラインで行われ,11校18チームが参加,本校からも2チーム参加しました。今年からpreliminary round2試合を行い,上位チーム同士が午後からさらに2試合を行って決勝戦と3位決定戦が行われる方式に変更されました。本校Aチーム[工藤愛礼(2),日塔浩一郎(2),清水紘輔(1),安達千莉(1),仲野蒼惟(2),齋藤颯(2)]は山形東A,酒田西,酒田東B, 鶴岡南と対戦して全勝,Bチーム[萩谷来知(2),伊藤豊(2),尾崎杏華(2),相馬俊介(2),冨樫美羽(1),髙橋駿輔(1)]も酒田東A,山形西A, 山形西B, 興譲館Aに全勝。決勝戦前のポイントではBチームがリードして同校対決の決勝戦が行われました。結果は肯定側になったAチームが4-1のvote数で勝利。

同校対決の決勝だったにも関わらず,観戦してくださった他校の皆さんと楽しく交流もでき,12月に行われる全国大会に向け,さらに意欲が高まりました。(写真は決勝戦直後の交流の様子と審査員講評を聴く様子)

エフエム山形 Be☆らぼ山大サイエンスカー

10月25日(月)、山形大学理学部の栗山恭直先生とFM山形の福田雅アナウンサーが来校し、中学3年生を対象に、ラジオ番組「Be☆らぼ 山大サイエンスカー」の収録を行いました。これは、山形県内の中学校で理科の実験を行い、学校紹介をする番組です。

ハガキや洗剤、ケミカルライトなど様々なものを光らせる科学実験を通して、「光で光る」「化学反応で光る(化学発光)」ということについて学びました。身近な飲み物が光ったり、温度によって光り方が変化したりする様子を見て、科学への関心が深まったようです。

当日の実験と、そのあとのインタビューの様子は、11月5日(金)20:00からエフエム山形で放送の予定です。