カテゴリー: 高校

「ヤングアメリカンズin東桜学館」第1日 

いよいよ「ヤングアメリカンズin東桜学館」のワークショップが始まりました。中学3年生と高校1年次生全員が10時に体育館に集まり、YAのメンバーとの対面を行いました。YAの明るさとテンションの高さ、歌の上手さ、ダンスの凄さに驚いた生徒が多かったように思います。その後、3つのグループに分かれての歌のワークショップと最後のショーに向けたパフォーマンスのワークショップに取り組みました。最初は緊張と不安な表情が見られた生徒たちでしたが、午前より午後、そして夕方と表情や歌声、行動の変化に驚きました。今日の夕方、どんなショーが観られるかとても楽しみで、ワクワクします。

 

「ヤングアメリカンズin東桜学館」スタート! 

本日10月29日(火)~30日(水)の2日間でインターナショナルミュージックアウトリーチ「ヤングアメリカンズin東桜学館」が開催されます。(被災地支援の東北プロジェクトを除くと、公立の中学校での実施は東京の千代田区立麹町中学校に次いで2校目の実施。)この取り組みは、「異文化体験を通じて、自己を開示し、自己と他者を尊重し肯定的に理解する態度と、何事にも積極的に挑戦する姿勢を育むこと」をねらいとし、A-Systems株式会社様、商業界さくらんぼひがしね同友会様からの協賛をいただいて実施します。参加対象は東桜学館高等学校1年次生と東桜学館中学校3年生です。

昨日28日には「ヤングアメリカンズ」(YA)のメンバーが来校し、18:50から本校会議室で、ホームステイ家庭との引き合わせの会が行われました。ホームステイ家庭の名前とYAの名前が読みあげられる度に、互いに手を振り、温かい雰囲気につつまれました。これから始まるこの活動で、YAとのどんな出会いがあるか、2日間どんなワークショップがおこなわれるか、そして30日にどんなショーが観られるかとても楽しみです。

【ヤングアメリカンズとは】

米国教育団体「ヤングアメリカンズ」が1992年より始めた教育プログラム「インターナショナル・ミュージックアウトリーチ」プログラムをベースとして、アメリカ本部で教育を受けたヤングアメリカンズのメンバー約40名と共に、2日間で歌・ダンス・パフォーマンスのワークショップを行い、ショーを創り上げるもの。

第6回東大金曜講座

10月18日金曜日の17時半より、高校1年次生23名が参加して東大金曜講座を視聴しました。今回は東京大学 先端科学技術研究センター准教授の谷内江 望先生が「DNAレコーディング生物学」と題して講義をしてくださいました。DNAの役割や構造、改編とその生物内記録といった最先端の生物工学と、今後の生物学の在り方についての刺激的な内容でした。

【生徒の感想からの抜粋(敬称は男女ともにさん)】

今やっている生物基礎を深く学べて面白かった。東大で開発している新しいゲノム編集や細胞のレコーディングについても新たに知ることができた。ただ、生物学の発展のために必要なことだとはわかっているが、正直、生物学のように人工のモデル生物を生み出すというのは罪悪感を覚えた。(N.Y.さん)

生物で学んだDNAの転写や翻訳だけでなく、これまで研究されてきた生物学の問題点や実験の繰り返しをロボットによって自動化するべきなど、様々なことを知ることができた。次の世代に生物学をジャンプアップさせるための挑戦を知ることもできた。(M. S.さん)

【高校弓道部】地区秋季大会は中止、練成会となりました!

10月12日(土)、この日は地区秋季大会でしたが、台風19号の接近に伴い、大会は中止とし、東桜学館と新庄南高校さんとの練成会を村山市武道館弓道にて行いました。秋の審査会と県新人大会に向けた貴重な練成会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Minecraftカップ2019全大会結果報告

2019年9月23日(月・祝)、日本マイクロソフト社にて「Minecraftカップ2019全国大会」が開催され、「審査員賞」を受賞しました。

本大会は、子供たちが大好きなゲーム「マインクラフト」を題材にしたもので、プログラミング機能が追加された「教育版マインクラフト」を利用したものづくりコンテストです。

東桜学館高校12名・東根小学校4名の合同チーム「Souya channel」のメンバーが「スポーツ施設のある僕・私の街」というテーマに沿った作品をつくり、1次審査を通過しました。

全国大会には、本校代表者3名が参加し、東根市の国指定特別天然記念物「大ケヤキ」をイメージした作品が評価され、審査員賞・街づくり すずかん賞を受賞しました。

 

生徒は「作品が評価され良かった。また来年も挑戦したい。」とコメントしています。

リンク:マインクラフトカップ最終審査結果の発表

 

追記:10/9(水)、FM山形・福田アナウンサーより取材を受けました。

10/11(金)16時~ FM山形「マジフラ(MAGIC on Friday)」のコーナー「YAMAGATA YOMOYAMA STRY (16:19~)」にて放送されます。

是非お聴きください。

【高校弓道部】第46回村山市民総合体育大会弓道競技に参加しました!

令和元年10月6日(日)、村山市武道館弓道場において、村山市総合体育大会弓道競技が行われました。多くの保護者が見守る中、部員全員が競技に臨みました。結果は以下の通りです。

山口和彦先生の授業を視察に秋田県から来校されました

10月4日(金)、秋田大学教育文化学部の若有保彦准教授が、本校の山口和彦教諭の英語の授業を視察に来校されました。参観された授業は4時間目の2年2組の「コミュニケーションⅡ」で、生徒たちは2人組となって活発に活動しながら、アウトプットの能力を高めていました。若有先生は、「英語力が伸びる仕組みの授業を展開していることに感心しました」と感想を述べられました。若有先生は、秋田県の高校の英語教育拠点校の指導にかかわっておられる方で、今後、秋田県内で山口教諭の授業が紹介される予定です。

授業を視察する秋田大学の若有准教授      授業を進める山口和彦先生

令和元年度PTA講演会

10月18(金)の第4回創立記念式典の後に、令和元年度山形県立東桜学館中学校・高等学校PTA講演会が開催されます。今年は、本県出身ではやぶさ2のプロジェクトにかかわられている武井悠人氏を講師にお迎えしての講演会です。なお、PTAの方には、すでに案内を配付しております。参加希望の方は、参加申込書を10月4日(金)まで担任に提出してください。

一般の方で聴講を希望される場合は、問合せ先までご連絡ください。

詳しくは、こちらから。PTA講演会<パンフレット>

SS健康科学[SS家庭]【講話③】

演題  『認知症の基礎知識とリハビリテーション』

講師  山形県立保健医療大学保健医療学部作業療法学科

教授 佐藤 寿晃氏

◆ 日時  令和元年9月19日(木)午前9時40分~11時40分

◆ 会場  山形県立東桜学館中学校・高等学校 中央棟 大講義室

◆ 対象  高等学校1年次生

◆ 概要

作業療法は生活に支障をきたしている、あるいはきたすことが予測される人に対して、作業に焦点を当てた治療・指導・援助を行うものである。行われる作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為である。対象は医療だけではなく、保健・福祉・教育・職業など幅広い分野で行われている。今後さらに高齢化が進行していく中で如何に健康寿命を延ばしていくかが課題である。高齢者が普通に生活することが困難になる病気の一つとして認知症があり、患者数は年々増えている現状である。認知症は、早期から医療やリハビリを行うことで、症状を軽減し、安寧に過ごすこともできるようになってきている。本講義では、認知症の早期発見の目安や予防のための生活(脳の活性化・運動・食事)と家族、そして「家族」を支える作業療法士の役割について御教示いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆生徒感想

◇リハビリテーションは年寄りの人が受けるものだと思っていたけど、子供やけがをした人も対象になることがわかった。リハビリはリハビリをする本人の「やろう」とする意欲が大切であり、作業療法士はその本人のモチベーションを上げさせることが仕事だということが印象に残った。動画では、元気のなかった人が作業療法士の方と色々な作業を行うことで、徐々に笑顔になっていってすごいと思った。認知症の症状として、徘徊、うつ病、昼夜逆転、暴力などがあって、介護することは本当に大変だと思った。30秒前のことまで忘れてしまったり、家族のことを思い出せなかったりするのはとても不安でつらいし、生きている目的がなくなってしまいそうで怖いと思った。1人で認知症の人を介護することは大変だから、周囲に頼ったり、相談したりして抱え込まないことが大切だと思った。認知症の人のことについて知ることで上手く介護できる工夫をしていくことが大切だと思った。(5組)

◇私は、今まで「作業療法士」という職業の名前を聞いたことはあったけれど、どのようなことをしているのかは知らなかったため、学ぶことが多かった。そもそも、リハビリテーションという言葉は「リ・ハビリテーション」と意味が分かれていて「もう1度能力を回復して社会生活に適合するための過程」であるということを初めて知った。また、作業療法は「こころ」と「からだ」のリハビリテーションであることや「作業」という言葉は生活そのものを示しているということも知ることができた。人は作業をすることで健康になること、その意欲を引き出すのが作業療法士であると学んだ。近年、日本の平均寿命は長くなり、超高齢社会となっている。将来的には3人に1人が高齢者になるそうで、それに伴って認知症の方も増えるということも初めて知った。もし、自分の身の周りに認知症になった人がいたら、できるだけリラックスできる環境をつくり、怒ったり責めたりせずに親身に介護していきたいと思う。(5組)

◇今回の講義を聞いて、作業療法や介護職のことについて知ることができました。作業療法士は自分の思っていた以上に病院や社会で活躍していることを知りました。福祉や教育など幅広く行うことができるおもしろい職業だと感じました。高齢化が進んでいる日本ではますます必要とされると思います。認知症については、私も祖母と一緒に住んでいるので、早期発見が大事だと思いました。運動や脳の活性化を祖母にすすめて認知症を予防し、支えていきたいと思いました。認知症にも種類があることが分かった。身の周りの人のサインを見逃さないようにしたいです。(6組)

◇「作業療法」という言葉は、何度か聞いたことはありますが、どのようなことをしているか分からないのが事実でした。「こころ」と「からだ」のリハビリテーションという寄り添う心を大事にして活動していることが分かりました。障がいをもっている方々も症状は様々なので、一人一人に合った「社会的役割」を見出すことと自尊心を傷つけないようにすることが大事だと感じました。私の周りにも多くの高齢者の方が住んでいるのですが、認知症のような症状が出始めたということを耳にします。介護している方の手助けはもちろんですが、認知症の知識をきちんともち、偏見の目で見るのではなく、受け入れる心を持つべきだと思いました。(6組)

 

第2回マナーアップ運動を行っています。

本日10月1日(火)から4日(金)の4日間、登校時における交通安全指導及びあいさつ運動を実施しています。さくらんぼ東根駅前、まなびあテラス南西部の交差点、校門前に生徒会交通安全委員、教員が立ち、運動を展開しています。また、PTA  生活委員の皆様にもご協力をいただいております。ありがとうございます。日がしだいに短くなってきています。登下校時には、安全に十分注意しましょう。

また、本日10月1日(火)は本校の駐輪場にて、自転車の施錠・ステッカー点検も行いました。常に、施錠や自転車の点検整備を心がけましょう。