カテゴリー: 高校

学識者講演会(1年次)が行われました

4月26日 本校大講義室において学識者講演会が行われました。

講師は山形大学人文学部の坂井正人教授、演題は「ナスカの地上絵の発見と魅力~文化人類学のすすめ~」です。

DSC_3664

新たに発見した地上絵の話にはじまり、誰が、いつ、どのような目的で描いたのか等の地上絵の謎に対する現段階で分かっていることについて、高校生にも分かりやすくご講演いただきました。また、異なる価値観をもつ人を理解する面白さ、何度もトライアンドエラーを繰り返して真理に迫る粘り強さ、「地上絵を描いた人の頭の中を知りたい」という「人間というもの」への坂井先生の飽くなき探究心に触れ、これから始まる「探究学習」への姿勢をも学ぶ、貴重な機会となりました。

DSC_3668

また、生徒からの質問にも一つひとつ丁寧にご回答いただきました。最後、生徒代表から「異なる価値を理解し、自分の価値観を振り返ることの大切さを知り、先生のように学問の枠にとらわれず、自分の知りたいこと、学びたいことに粘り強くありたい」と感謝の言葉が述べられ締めくくられました。

DSC_0068

今回の講演を通し、文理融合で進められている、大学での最先端の研究活動の一端に触れることができ、生徒の知的好奇心がますます高まりました。お忙しい中にもかかわらず、ご講演いただいた坂井教授に改めて感謝申し上げます。

硬式野球部 東桜学館として公式戦 初勝利を挙げました!

平成28年度春季東北地区高等学校野球大会最北地区予選会が4月29日から始まりました。
本校は、雨天により1日順延した30日に1回戦に臨みました。
試合では、1回に4番小内がスリーランホームランを放ち3対1とリードしました。その後、3回に同点とされましたが、6回、1アウト1、3塁から1番小角が左中間を破る二塁打で2点をあげ、その後も小内の二塁打などにより計6点を叩き出し、突き放しました。投げてはエース林が粘り強いピッチングで相手打線を押さえ込み、結果、9対4で勝利しました。
東桜学館としての公式戦初勝利を挙げた硬式野球部。これを弾みとし、これからどんどん勝ち星を積み重ねてほしいものです。
当日は、野球部保護者会の皆さんをはじめ、野球部や保護者会のOBの皆さんなど、多くの方々に応援いただきました。ありがとうございました。
春季野球①春季野球②

春季野球③

 

 

3年次だより「守破離」第2号を発行しました。

3年次の保護者の皆さま

本日、3年次だより「守破離」第2号を、お子さんを通じて配布いたしました。

併せて、「課題テストの成績通知表」と「携帯メール連絡網システムについて」の文書も渡しております。ぜひ、ご覧ください。

YBC「やまがたサンデー5」の取材クルーが来校されました

4月26日、YBC「やまがたサンデー5」の取材クルーと県広報室の方々が来校されました。
当日は、東根駅~学校までの登校風景の取材に始まり、放課後の部活動の様子まで、東桜学館の1日を取材していただきました。

折角の機会ということで、YBCアナウンサーの青山友紀さんに逆取材を試みたところ、アナウンサーは小学生の頃の青山さんの夢だったとのことです。その後、教師などほかの職業も考えたそうですが、小さかった頃の夢を思い出しアナウンサーの道を選ばれたそうです。

また、アナウンサーとしてのやりがいは、「人と人とをつなげることができるところ」ともおっしゃっていました。(ここのところはもう少し深く聴いてみたかったところですね。)

「青山さんの相手の言葉を自然に引き出すやりとりの巧みさ、さすがプロフェッショナルだなあと感じました。(校長談)」

たくさんの生徒がインタビューを受け、ちょっとドキドキの1日でした。

今回取材していただいた内容については、5月15日のやまがたサンデー5「県内初の併設型中高一貫校!東桜学館」の中で放送される予定です。

英語と数学の授業風景

英語数学

 

 

 

 

 

 

中学校の給食の準備の様子(左) 来校されたYBCと県広報室のみなさん(右)

給食①取材クルー

 

 

 

 

 

 

 

3年次だより第1号を発行しました。

4月7日付けで、3年次だより「守破離」第1号を発行しております。

お子さんを通じて配布しておりますが、ぜひお読みください。

お知らせが遅くなり、大変失礼いたしました。

東桜学館高等学校 3年次

 

授業がスタートしました(1年次)

4月15日 初期指導を終え本格的に授業がスタートしました。

1年3組 コミュニケーション英語Ⅰ(戸田先生)

4月授業①

1年5組 国語総合(古典)(延沢先生)

4月授業②

窓から見えるのはプロムナードの桜と工事現場のクレーン車。

4月授業③

「鉄は熱いうちに打て」高校生活の基盤をこの4月で築きます。

集団活動、校歌練習が行われました(1年次)

4月14日 集団活動、校歌練習(1年次)が行われました。

初期指導

クラス対抗でリレーを行うなどして気持ちと身体をほぐしました。

初期指導②

初期指導の最後は校歌練習。布川清史先生に丁寧にご指導頂きました。

初期指導③

最後の締めくくりとして、1年次進路担当の延沢先生から

「卒業式で大きな声で校歌を歌える自分を作ろう。」

「人や情報の一部分をみて全体だと思わないこと。友人同士も良い所を探して付き合おう。」

とお話がありました。明日からいよいよ授業がスタートします。

真の東桜学館生になれるようこれから三年間努力を継続します。

校長講話(1年次)が行われました

4月13日 1年次の初期指導として校長先生から講話を頂きました。会場は大講義室です。

160413校長講話①

配布されたそれぞれのタブレットから「みんなの『志』」を正面のスクリーンに投稿。

160413校長講話②

「タイヤに付加価値をつける」というテーマでブレーンストーミングを行いました。

160413校長講話③

生徒代表から「すごく楽しい講話だった。これからの学校生活でも創造性を大事にして学習していきたい。」という感想・お礼が述べられ締めくくられました。

開校式が行われました

2016年4月8日 開校式

10時から開校式を挙行しました。廣瀬渉教育長から校長へ校旗が授与され、校長が開校を宣言しました。式の最後に、在校生により校歌の披露が行われました。

1.開式の辞

2.国歌斉唱

3.校旗授与

DSC_0053

校旗授与 廣瀬渉県教育長から官宏校長へ

4.校長開校宣言・式辞

DSC_0060

官宏校長の開校宣言・式辞

5.来賓紹介

6.祝電披露

7.校歌発表

DSC_0043

東桜学館中学校・高等学校 校歌

8.閉式の辞

入学式が行われました

2016年4月8日 入学式

13時30分から、東桜学館中学校・高等学校としては初めての入学式を挙行しました。中学校99名、高等学校200名の新入生が真新しい制服に身を包み、緊張した面持ちで入学式に臨みました。

入学許可、校長式辞の後、多数のご来賓を代表し、土田正剛東根市長、中澤健一桜友同窓会長、鈴木賢一PTA会長からご祝辞を頂戴しました。

新入生代表誓詞では、中学校代表の張利妃さん、高等学校代表の堀夏実さんが、新たな学校生活に対する意欲を力強く述べました。

新入生の皆さんが、高い志を掲げて創造的知性と豊かな人間性を身につけ、一人ひとりの個性を大きく花開かせることができるよう生徒職員一丸となって頑張って参ります。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

DSC_0101

DSC_0094

生徒入場

1.開式のことば

2.国歌斉唱

3.入学許可

DSC_0116

DSC_0118

DSC_0123

DSC_0139

 

4.校長式辞

DSC_0148

官宏校長

5.来賓祝辞

DSC_0155

土田正剛東根市長

DSC_0163

中澤健一桜友同窓会長

DSC_0169

鈴木賢一PTA会長

6.来賓紹介

7.新入生代表誓詞

DSC_0174

中学校新入生代表

 

DSC_0183

高等学校新入生代表

8.校歌披露

DSC_0043

9.閉式のことば