カテゴリー: 高校入学をお考えの方へ

【野球部】「東桜学館・里帰り活動」報告

「東桜学館・里帰り活動」報告

今年度の野球部の冬の休日の活動は、以前にお世話になった出身のスポ少、中学野球部等の活動に参加することを柱にしました。里帰り事業と呼んでいます。その活動の報告をします。

 

実施済み:12月11日、18日、25日、1月7日、8日、15日、28日、29日、2月5日、12日、19日

実施予定:3月11日、12日

 

【部員の声】

・普段は気にしないところの質問をされ、戸惑った時があり、どうすればこう動くか、感覚だけではなく、しっかり言葉で伝える難しさがとても分かりました。

・恥ずかしい思いをした。ノックではあまりいい格好を見せられなかった。もっと野球を上手になりたいと思った。

・中学生の心を掴む“何かが欲しい”・・・自分を見つめなおす。

・野球は団体競技だが、個人競技である。孤独な競技である。孤独に自分を鍛えなければならない。一人で小学校、中学校で活動するのは同じ立場がいないので孤独である。強くなる。

・普段より、人の目が気になる。全部見られている気がする。表情も見られている。

・教えることができるようになれば、自分を分析することができるようになるはず。勉強と同じだ。

・控えめすぎる自分が情けない。

・「おー」「すげー」とかいう声を聞きたい、言わせたい。

・自分を表現することの難しさを日々実感している。チャンスで打てる奴は日々、自己表現をしている人であるのではないか感じている。

・弟のいる中学校、誰もしらない小学校。ともに、精神鍛錬の場になっている。正直しんどい。

・情けない思い、悔しい思いをいっぱいした。すぐに練習したいと思い、家で自主練習に励んだ。

 

 

お世話になった各団体の皆さま、本当にありがとうございました。

 

野球部 部活動紹介

平成29年度県立東桜学館高等学校入学者選抜に係る倍率

平成29年度山形県公立高等学校の出願受付が本日正午で終了し、県教育委員会より以下のように各校の倍率が公表されました。

こちら(開いていただき、平成29年度山形県公立高等学校入学者選抜<一般入学者選抜 志願状況)をご覧ください。

CSSH体験型実習講座を実施しました。

2月14日、今年度の最終回の体験型実習講座が、本校化学実験室にて実施されました。

今回の講座は、山形大学理学部物質生命化学科 教授の鵜浦 啓先生より、「振動反応」というテーマで実施していただきました。対象生徒は高校2年次理系生徒41名です。

はじめに、「ブルーボトルの実験」。メチレンブルーがブドウ糖で還元されて色が消え、振って酸素で酸化されると元の青にもどる。次に「信号反応の実験」インジゴカルミンの段階的な酸化還元反応で赤、黄色、緑と次々色が変わる様子に生徒も釘付けです。

次に、化学反応とエネルギーのつながりについてお話いただきました。化学カイロの反応が電池に応用できたり、化学反応のエネルギーが光として取り出せる「ルミノール発光」も観察しました。
そして、反応速度、化学平衡に関わる実験へ。「サーモクロミズムの実験」では温度によってコバルト化合物の色が変化するのが不思議な生徒たち。理由は3年生で学習しますよ。

いよいよ非平衡の世界「振動反応」です。振動反応の理論を生物の盛衰、そして数学的な考え方「ロトカーボルテラの方程式」で考えるという説明を聞き、いざ実験。黄色⇒色が消えるを繰り返す様子を興味深く観察しました。

 

 

 

 

 

<主な生徒の感想>

・授業で学んだ酸化還元反応をテーマにした実験で、さまざまな色の変化がたくさん起きてとても面白かった。振動反応は初めて知ったが生物集団の盛衰を基にした「ロトカーボルテラの方程式」で数学的に考えていたりして驚いた。こんなに簡単にたくさんの実験を観察出来て楽しかったです。(女子)

・今回の講座で、今学んでいる化学の面白さを改めて実感し、また実際に自分たちで実験することで理解も深まった。一番興味があったのはルミノール発光です。今回は反応時間が短かったので、どうすれば発光の時間を長くできるか、明るくできるか自分で考えてみたいと思いました。(男子)

鵜浦先生、たくさんの魅力的な実験を体験させていただき、本当に ありがとうございました。

【野球部】スポーツ栄養セミナー

 

 

2月13日(月)株式会社明治様より講師の先生をお招きして、平成28年度東桜学館スポーツ栄養セミナーが行われました。野球部だけではなく、様々な部活動の生徒・顧問が参加しました。

 

身体を作る・強くする、技術を向上させるには、トレーニングだけではなく「栄養」が大切なことは知られていることですが、専門家の方から話を伺う機会は、なかなかありません。生徒達にも非常によい経験となりました。

 

食事・栄養について考え、上手にコントロールしていくことは、人生を健康に過ごしていくことにも直結します。

 

何より、学習と部活動の両立、「文武両道」を目指す生徒が多い東桜学館ですので、トレーニング・栄養のバランスを考え、より効果的に・効率的に強く、上手くなっていきたいと思っています。

 

以下、参加した野球部の生徒の感想です。ご覧ください。

—————————————————————————————————————–

 

  • 親に頼んで私はこれから毎日夜に豆腐を1丁食べることになった。脂質は極力食べず、炭水化物、タンパク質、ビタミンでやっていく。また自分のお小遣いで昨日プロテインを購入した。脂質を取らないでタンパク質を取るために最適なものだ。

 

  • 体づくりで増やすべきは除脂肪体重。運動後30分以内のゴールデンタイムに栄養補給。毎日、体重測定。

 

  • まずは、たくさん食べる!1日に最低4,500kcal必要だという事がわかりました。特に朝ごはんの量がスクリーンに出てきた朝食の量と比べて、まだ少ないので、朝食をもっと食べていき、また朝食は、ごはん、パンで終わらせるのではなく、おかずが大切だとおっしゃっていたので、明日の朝から変えていきたいです。

 

  • 夜にガツンと食べるのは当たり前なわけで、体重を増やすには、もっと朝に食べなければいけないと思った。今、自分はウェイトに力を入れているが、いくらトレーニングをしても「摂取エネルギー<消費エネルギー」の関係になってしまったら、体は大きくならない。これを乗り越えるためにも、練習後のゴールデンタイム(運動後30分以内)を大切にしたり、今はあまり達成できていない就寝前の食事を取り入れていきたいです。

 

  • 朝は毎日少ししか取れていないので、昨日言っていたように、どんぶりを朝から食べる。自分に必要なタンパク質として130g/日必要である。

 

  • 自分には、集中力が続かないことと、後半になるとバテるという欠点があるので、どちらもエネルギーを摂ることで補うことができるので、ご飯やパンなどの炭水化物を摂ることで、集中力とスタミナを、試合が始まるまでにつけていきたいと思う。

 

  • ビタミン、ミネラルをとり、ケガの予防につなげていきたい。体を壊さないようにするためにも、ケアも必要だが、食生活という面も大切になってくると感じたので、「食事も練習」として捉えていく。

 

 

野球部 部活動紹介

【野球部】部活動紹介ページを開設しました。

東桜学館高等学校野球部の紹介ページを開設しました。

今年度(平成28年度)の大会結果等も掲載しております。

どうぞご覧ください。

 

野球部 部活動紹介

【弓道部】冬季合同錬成会で東北学院中学校・高等学校に行ってきました!

平成29年1月28日(土)宮城県、東北学院中学校・高等学校にて合同錬成会を実施していただきました。試合の少ない冬季に、強豪校である東北学院中学校・高等学校と合同錬成会を実施できることは、大変光栄で、貴重な時間となりました。特に中学生にとっては初めての対外的な練習になりました。

まずは参加生徒の声は次の通りです。

東北学院高校の弓道場に入った時に、私は強い気迫を感じました。身の引き締まるような挨拶と返事や看的、無駄のない行動、相手への礼儀と気遣い、そして真剣に弓道に取り組む姿が見えました。今回こういった素晴らしい環境で試合ができたことは、私にとって良い経験になり、刺激を受けました。これからは東北学院高校に負けない”気迫”のある練習をしていきたいと思います。

  今回の錬成会は得たものが多く、自分たちにはないものを東北学院さんは持っていました。的中の安定感、離れのキレなどの技術は勿論ですが、一人一人が同じ志を持って練習に取り組んでいるため、張り詰めた緊迫感が違いました。技術は日々の練習でしか身につかないと思うのですが、雰囲気は一人一人の意識で今すぐにでも変えていける思うので、残りの少ない日々の練習に気を引き締めて臨み、来春には「やりきった」という達成感を得られるように大会に備えていきます。

当日の様子を紹介します。

 

朝7:00 弓道場出発です。

 

 

 

 

 


錬成会の開会式です。

今日1日よろしくお願いします!

他の学校の道場が初めての部員が多く、興味津々です。

 

 

 

 

射込み練習です!

 

 

 

 

個人予選、中学生も頑張ってます!

高校生も負けられません!

 

 

 

個人戦が続きます。

 

 

 

 

結果的には射詰競射で敗北。

勝負強さが課題として浮き彫りになりました。

 

 

東北学院と東桜学館のミックスチームによる団体戦です。

選手の矢を用いて、チーム編成の抽選です!

さて、私はどのチームでしょう??

ドキドキです!

 

抽選結果による団体戦を行いました!

中学生も高校生に普通に混ざって真剣勝負!

高校生には勿論意地があります!

 

 

最後に、東北学院、東桜学館ともに次のステージで再び弓をひくことができるよう、今後の互いの健闘を祈って練成会を閉じました。

本日は、練成会を実施していただき本当にありがとうございました。

高校2年次生は、6月の県高校総体まで残り4か月を切りました。集大成までの残りの時間を大切にして、限られた時間の中における練習の質を、今一度見つめなおす大変貴重で有意義な練成会になりました。

 

 

第3回山形県高等学校1年生弓道大会に参加してきました!

平成29年1月9日(月)山形県鶴岡市朝陽武道館弓道場にて行われた第3回一年生弓道大会に
本校の一年生(10名)で参加してきました。
<男子>
本校からは髙橋選手、尾崎選手、原田選手の3名が出場ました。

 1
<女子>
本校からは天野選手、長谷川選手、福田選手の3名が出場しました。
 
<入賞者>
天野選手  女子個人2位(予選12射8中)
<選手より>
Aさん 目標は達成できたが、最後の一本を決められなかったのがくやしかったので、それをバネにして次の大会に結果を残したい。
Nさん 3立目で焦ってしまい、自分の射をすることができなかった。どんな時でも自分の射ができるようにしたい。
<まとめ>
今回の大会では、本番の緊張感や自分自身の射癖を改めて確認することができました。
また、各自で新しい目標が出来たので今後はそれに向かって練習を励んでいきたいと思います。

第35回全国高等学校弓道選抜大会に参加しました!

12月23日~25日にかけて、名古屋の日本ガイシホールで行われた第35回全国高等学校弓道選抜大会に参加してきました。

本校からは、加藤選手が出場しました。

 

 

 

 

 

 

 

<選手より>

今回の大会での経験をこれからの練習に生かし、もう1度全国大会に出場できるように頑張ります。

今回の大会では、トップレベルの選手の方々の射を生で拝見したり、全国大会の雰囲気を実際に肌で感じることができました。大会を通じて見つけた課題や目標を達成するために、一人一人の技術向上を目指し、さらに練習に励んでいきたいと思います。

出場にあたって、OB会の皆様からも支援を頂きました。誠に応援ありがとうございました。

 

つくばサイエンスツアーを実施しました!(2日目)

つくばサイエンスツアー2日目です。2つのコースに分かれて、それぞれ2つの施設を訪問しました。

まずは「高エネルギー加速研究機構KEK」です。東京ディズニーリゾートとほぼ同じ広大な敷地に、加速器が設置されています。加速器というものがどのようなもので、どのようなことが研究されているのか説明をいただきました。実際に「フォトンファクトリー」と「Bファクトリー実験施設」にバスで移動して見学し、スケールの大きさを体感しました。

securedownloadimg_1469

生徒の感想を紹介します。「KEKの見学を通して、今勉強している物理を突き詰めて研究をしている人たちがいることに感動しました。今回の見学でさらに物理や化学に興味がわきました。電子を周回させたり、300kmも離れた所から打ち込む技術などノーベル賞にもかかわっていると聞き驚きました。」

 

次に、理化学研究所バイオリソースセンターを訪ねました。

img_1472

 

img_1473

 

現在は稼働していない「P4実験室」を見学し、隔離状態での実験を疑似体験しました。また、「細胞ラウンジ」では、液体窒素により細胞を保存している様子や、バイオ研究の最先端のお話を伺いました。

生徒の感想を紹介します。「バイオリソースセンターは、実験施設もあるけれど、一番はバイオリソースを収集・保存・提供を行い、研究を支えているということを知り、その役割に感動しました。また、細胞の説明をうけてIPS細胞とES細胞は同じ万能細胞でも作り方と使いやすさが全然違うと聞いて驚きました。」

 

NTTアクセスサービスシステム研究所 筑波研究開発センタです。

「アクセス」とはお客さんから電話局へつなぐこと、など日ごろ利用している通信技術について分かりやすくご説明いただきました。また、曲げても大丈夫な光ファイバーの構造や、インフラストラクチャ技術の展示などを見せていただきました。


 

 

 

 

 

 

生徒の感想を紹介します。「電話がつながるためには様々な機械をいくつも経由していくこと、マンホールの中にケーブルのつなぎ目の部分があることなど、今まで知らなかった通信やインフラ技術について知ることができました。また、光ファイバー中で全反射している様子を見て、波など今物理で勉強していることが、社会をよくすることにつながるという実感がわきました。」

物質材料研究所です。NIMS作成の動画を見て、周期表を用いた物質の性質についてのお話を聞きました。その後4つの研究を見学させていただき、それぞれで研究者の方から説明をいただきました。特に、材料に長時間負荷をかけて試験するクリープ試験機が多く並ぶ様子などは圧巻でした。


 

 

 

 

 

 

生徒の感想を紹介します。「学校の授業で学んだ内容や私たちのくらしの中の身近なものを通して説明してくださり、わかりやすく楽しかったです。40年以上負荷をかけても壊れない材料があること、また学校の体験型実習講座で山形大学の先生から聞いたことと関係のある有機薄膜太陽光発電の話が改めて聞けたことに驚きました。」

 

つくばサイエンスツアーを実施しました!(1日目)

img_1459

 

 

 

 

 

 

 

 

12月25日(日)~26日(月)にかけて本校初めての「つくばサイエンスツアー」を実施しました。

参加生徒は、2年次理系希望者38名です。1日目は「筑波宇宙センター(JAXA)」の見学ツアーに始まり、「産業技術総合研究所地質標本館」の見学でした。2日目は、コースに分かれて、「NTTアクセスサービスシステム研究所~物質・材料研究機構」「高エネルギー加速器研究機構~理化学研究所バイオリソースセンター」を見学しました。

1日目の生徒の感想を紹介します。

JAXA「日本の宇宙開発の中心であるJAXAを訪れてみて、宇宙飛行士についてやそれを支える人たちについて知ることができました。無重力空間では、骨や筋肉が使われないため骨粗しょう症のような状態になってしまうこと、またそれを防ぐため、宇宙飛行士の健康のための研究がおこなわれていることを知りました。また、無重力下ではきれいなたんぱく質の結晶が作れることを利用して新薬の研究を行っているなど、自分たちの生活に役に立つ研究を行っていることをしり興味を持ちました。」

地質標本館「化石や鉱物は、あまり詳しくはありませんでしたが、細かく再現された地層の模型や動く模型、そしてたくさんの資料や標本があり、楽しく多くのことを学びました。今まで自分があまり知らなかった世界なので、今回を機会に地質学にも視野を広げてみたいと思いました。」

img_1786

img_1800