カテゴリー: お知らせ

学識者講演会(1年次)が行われました

7月11日 本校大講義室において、生徒の知的好奇心を喚起し、科学的素養を育てるための学識者講演会が行われました。今回、慶應義塾大学先端生命科学研究所所長の冨田勝先生を講師にお迎えし、「日本の未来はYAMAGATAから~慶應先端研の挑戦~」というテーマでお話しいただきました。

P8080086細胞の代謝物のデータを一度に分析できる「メタボローム解析」の技術を医学や農学の研究に生かし、新たな産業を創り出した、慶應先端研のこれまでの取り組みや成果、これからの展望について、興味深いご講演をいただきました。従来の、仮説を立てて特定の代謝物を調査するスタイルから、多くの代謝物を調べることで仮説を立てるスタイルへの発想の転換について、「本当のブレイクスルーは、初めホラに聞こえる」と振り返られました。また「優等生的な研究からブレイクスルーは生まれない」とし、教え子のベンチャー企業「スパイバー」を立ち上げた関山氏のクモ100匹を集めた行動力を「行動して形にするのはアイディアよりも難しい」と評価して、研究を支援したエピソードを明かしてくださいました。その後、後進の育成のために始められた、「高校生バイオサミット」での高校生達の研究に懸ける青春に触れ、大いに刺激をいただきました。

P8080302

冨田所長のお話にインスパイアされ、「まだメタボローム解析されていないことは」「人工クモ糸の応用可能性について」「死体の代謝物の解析で死因は分かるのか」「人工クモ糸はタンパク質が原料だが、熱変性は起こさないのか」「逆に耐寒性はどうなのか」「クローンはできるのか」など、たくさんの生徒より質問の手が挙がり、一つ一つ答えていただきました。

P8070984

生徒代表から「今までにない視点から挑戦を繰り返したことで新たな発見できたことがよくわかった」と感謝の言葉が述べられ、試行錯誤を繰り返すことへの勇気をいただき、講座が締めくくられました。

P8070510

今回の講演を通し、生徒の知的好奇心はますます高まり、自己の生き方在り方を考えることができました。「一度しかない人生、人と違うという部分をどう使うか」という先生の言葉に、勇気をいただいた生徒も多かったようです。お忙しい仕事の合間を縫って、ご講演いただいた冨田所長に改めて感謝申し上げます。

第二回探究基礎講座(1年次)が行われました

6月14日 本校大講義室において、探究活動に向けての「思考の種」を持つために、第2回目の「探究基礎講座」が行われました。今回は、加茂水族館の奥泉和也館長を講師にお迎えし、「加茂水族館クラゲ展示の取組について」というテーマでお話しいただきました。

DSC_0392近県の水族館の歴史も振り返りながら、加茂水族館が歩んできた80年の足跡についてご講演いただきました。地元の有志によって立ち上げられた加茂水族館初期の話に始まり、入館者数が減少し閉館の危機に直面した苦悩、その後偶然発生したクラゲにより経営を好転させ「世界一のクラゲ水族館」になるまでの逸話の数々を興味深くお伺いしました。

HP① 奥泉館長のお話に刺激をいただき、たくさんの生徒より質問の手が挙がりました。「クラゲの魅力は?」「多様なクラゲが存在することのよさは?」「水族館や動物に対する考え方は国によってどのように違うのか?」など生物学的な視点からの質問も多く聞かれました。

HP②生徒代表から「失敗からできた世界一の水族館のお話を聞き、挑戦の重要性を再認識できた」と感謝の言葉が述べられ、講座が締めくくられました。

DSC_0435  今回の講演を通し、生徒の知的好奇心はますます高まりました。お忙しい仕事の合間を縫って、ご講演いただいた奥泉館長に改めて感謝申し上げます。

「叫べ!」~東桜最初のクラスマッチ~開催

東桜学館中学校・高等学校最初のクラスマッチが、7月12,13日に北アリーナと南アリーナで行われました。。高校の競技種目は男女共通①バスケットボール②バレーボール③バドミントン④卓球の4種目で熱い戦いが繰り広げられました。2日間を通して生徒たちは、スポーツを楽しむとともに、クラスで考えたスタイルで応援し、団結力を高めました。生徒実行委員会は「叫べ!」~東桜最初のクラスマッチ~をテーマに掲げ、中学校・高校が一緒に取り組むクラスマッチを作り上げることができました。

全体2

 

 

 

 

 

 

 

開会式<選手宣誓>              <開校記念マフーラータオル>

選手宣誓taoru

 

 

 

 

 

bare-

taltukyuu

 

 

 

 

 

basukebado

 

 

 

 

 

 

中学生の長縄跳びの縄を高校生が回し、跳び方をアドバイスします。

naganawanaganawa3

 

 

 

 

 

3-5taltuti

 

 

 

 

 

3-2ouennouenn

 

 

 

 

 

<高校の部 結果>

総合  1位 3年5組  2位 3年1組  3位 3年2組

応援賞 3年5組

IMG_0071

 

一斉ボランティア

先日の「ふるさとOMOIYARIプロジェクト」に続き、7月13日(水)、中学生全員による一斉ボランティアを実施しました。東根市内の福祉、保育に関する施設等を訪問したり、近隣の環境を整備したりしました。体験活動を通して、豊かな人間性の育成を図っていきます。

ボラ1ボラ3

 

 

 

 

 

 

 

ボラ4ボラ6

ボラ5

ボラ2

 

 

学校説明会 総力あげて準備スタート

県立東桜学館中学校の学校説明会を、7月30日(土)午前中に東桜学館にて実施いたします。

今回は、開校し初めての学校説明会となります。現在、生徒の意見をもとに企画し、生徒全員で役割を分担し、準備を始めました。

当日、ご来校いただけますよう、よろしくお願いいたします。お待ちしております。

3学校説明会1説明会準備2説明会

 

 

 

東桜学館としてはじめての夏~第98回全国高等学校野球選手権山形大会に出場しました

雨で1日順延となった7月10日(日)、新庄市民球場において行われた夏の全国高等学校野球選手権山形大会に本校硬式野球部が出場しました。鶴岡南高校と対戦したこの試合、2回表に1点を先制されたものの、その裏、連打で2対1と逆転しました。その後も、再三に亘り得点圏にランナーを進め、チャンスをつくりましたが、あと1本が出ず、残念ながら2対11(7回コールド)でゲームセット。東桜学館高校として、夏初勝利を挙げることはできませんでした。しかし、「全員野球」を掲げ、最後まで懸命にプレーする選手諸君に、スタンドからあたたかい拍手が送られました。
本校硬式野球部へのご声援、誠にありがとうございました。
平成28年7月11日(月) 朝日新聞記事
球場全景①投手①

打者①応援①保護者会①団長①団旗①団長挨拶①

 

クラスマッチ中学

7月12日(火)と13日(水)は東桜学館クラスマッチで、中学は12日のみ実施しました。先週、1学期期末考査を終え、今日はまるごと1日スポーツを通してクラスの絆を深めました。高校生も、縦のつながりをもとに一生懸命サポートしてくれました。

A組バレーB組バレー

 

 

 

 

 

 

C組長縄円陣

 

 

 

 

 

第69回山形県陸上競技選手権大会・第71回国民体育大会陸上競技山形県予選会

7月8日(金)~10日(日)、NDソフトスタジアム山形において第69回山形県陸上競技選手権大会・第71回国民体育大会陸上競技山形県予選会が開催されました。

本校生徒の成績(8位以上)は下記のとおりです。

第69回山形県陸上競技選手権大会

男子400mH6位 柴田大雅(2年)

女子100m6位  武者由梨香(3年)

女子100mH7位 植松紗英(2年)

女子走高跳2位   森 夏鈴(1年)

第71回国民体育大会陸上競技山形県予選会

少年男子A400mH3位  柴田大雅(2年)

少年男子B砲丸投3位  高梨響希(1年)

少年男子共通110mH4位 加賀萌人(3年)

少年女子A100m3位 武者由梨香(3年)

少年女子B走幅跳4位  石井絵夢(1年)

女子走高跳で、森夏鈴(1年)が8月20日~21日開催の東北総合体育大会陸上競技会に参加します。

DSC_0261

 

 

 

 

女子走高跳2位入賞 森 夏鈴(1年)

七夕メニュー(給食)

県立東桜学館中学校は、自校方式により給食を提供しています。

本日は7月7日(木)の七夕の日。七夕をイメージした給食のメニューで、美味しくいただきました。

7月11日(月)から15日(金)は、オリンピックにちなみ、数カ国をイメージしたメニューが予定されています。

配膳完成盛り付け

 

学校説明会リーフレット

今年度の学校説明会リーフレットが完成しました。

是非、リーフレットをご覧いただき、学校説明会当日、お越しください。

学校説明会リーフレット